作る人 (つくるんちゅ)日記

URL:http://making.ti-da.net/
RSS:http://making.ti-da.net/index.rdf
作る事、大好き! 日々の工作、その他の記録&IT。
[変更]
最終更新日2018/11/16 22:29:56

タグ

工作 

記事

充電式エアブラシの分解と使用感レポート

2018-11-16 22:29:56
最近ネットで話題になっていた充電式のエアブラシ。 すでに仕事でも活用していて、かなり便利に使っています。 今回は分解用として、もうひとつ角型の充電式エアブラシを取り寄せてみました。 円柱状コンプレッサーのタイプは分解が難しいので、カタログでネジが見えていた角柱タイプを選んだ次第。 購入先は AliExpress 。  沖縄までの配達は2週間程度でした。 充電式エアブラシの分解 上下2箇所ずつのビスを抜けば蓋が外れ、中が見えてきます。 スイッチの部分が接着されているので、ちょっとショックを与えて外せば分解できました。 中身は写真のように、モーターと直結されたクランクで動くエアポンプのセットが3つ並んでいます。 クランクやピストン、ケースの白いプラスチックはやたらと硬い工業用。 ポンプ自体はダイヤフラム式の一般的な作りです。 バッテリーはリチウム1セル1200mAhタイプ。 電源はUSB充電式。 充電器自体は普通の出力5VタイプACアダプターですが、充電完了するとパイロットLEDが赤から緑に変わります。 バッテリーに内蔵されたコントローラーの電流の変化で感知してるのかな? ホントは円柱状のコンプレッサーも分解してみたいのですが、破壊しないと中身に辿り着けそうに無いので諦めています。 形状的に並列3気筒のコンプレッサーが入る隙間は無いのと、スイッチ・オンの時に左を向く習性から、縦置きのモーターが入っているように思えます。 充電式エアブラシの使用感 僕は仕事が補修屋なので、頻繁ににエアブラシを使用します。 普段は小型のコンプレッサーでガンを使っていますが、電源が無い場所や移動しながら作業する場合に不便を感じていました。 そのため緊急用にエアダスターを改造したボンベを常備しています。これでも数分間なら使えます。 他に、電動ガンのメカボックスで実験したり、市販のモバイルコンプレッサー(自動車空気入れ)や充電式エアダスターでガンを吹けないか等、いろいろ試してみました。 どれも騒音や吐出量の点で、とても普段使いには向きません。 結局、14.4VバッテリーとDC-ACコンバーターが良いのかなぁ。‥と、組み立てている最中に充電式エアブラシの情報を見つけたので、こっちに飛びついた次第。 実際に使ってみると、コンプレッサーが小さいので空気の吐出量もエア圧も低めで、ちょっと弱めな印象です。日東工器のAC0207(L5のOEM元)と近い感じ。 塗料の濃度に気を使いますが、慣れれば2液ウレタンも普通に吹けます。 水性塗料は厳しいですが、いろいろ技を使えば何とか‥。 ▼Twitterから ヤフオクで日東工器のリニアコンプレッサー落としたので早速テスト。クレオスL5の中身とソックリなアレね。(AC0207 新品6,000円)フットプリント手のひらサイズとすっごく小さくて、静か。パワー弱めだけど、薄めれば一応ウレタン吹けるなー。 pic.twitter.com/J0fZeQlYWb— なおす人(なおすんちゅ) (@IGU330) 2018年2月7日 ◆普段から 記事に先行して Twitter でもつぶやいてます。 僕個人の感想としては、ガンに合わせて塗料を調整すれば普通に使えるなという印象です。もちろん広範囲や風が強い条件では難しいので、その際は普通のコンプレッサーを使いますが、最近は充電式エアブラシを使う比率が多いです。 そうそう、今回分解して分かりましたが、内部ホースの差込部に緩み止バンド等はついてません。 なのでエア吐出口を塞いだりすると圧力で中のホースが抜けて故障する可能性が高いです。 ダブルアクションのガンが付いていながらシングルでしか使えないのは(空気が出っぱなし)、こういう理由が有るのかもしれません。 構造自体は簡単そうなので、タクトスイッチなどを取り付けて、トリガーを引くと電源が入る、なんて改造も楽しいかも知れません。 というわけで、100Vの電源がいらない充電式エアブラシ、そのへんの空き地で簡単に塗装できちゃうので結構便利です。 小さいペットボトル程度なら十分テカテカに塗れます。  お勧め!  

エッチングで 「 焼き 」 刻印を作ってみた ( DAISOオキシドール/クエン酸 )

2018-09-07 19:55:41
DAISOのオキシドールとクエン酸を使い、格安・簡単にエッチングができるという裏技があります。 もともとは電子工作ネタで、プリント基板を自作する人々の間で伝わって来たワザのようです。 プリント基板は銅をエッチングして作りますが、同じ溶液でアルミニウムも溶かせる事に気が付きました。 今回はDAISOのアレコレを活用して、たった数百円で 「 アルミ製の刻印 」 を自作してみます。 材料の金属について ▲左:アルミ板を切り分け。下側のアルミ平板は、なぜかエッチングできず失敗。 / 右:切り分けたアルミと銅板。 今回はホームセンターで購入した1.5mm厚のアルミ板を切り分けて使いました。 他に銅板や、アルミ平板も試しています。 銅板は切り分けが大変なのと、今回の用途だとアルミで十分なため、テストのみです。(テストの2枚は残念ながら失敗‥) また、細長いアルミ平板(2mm×15mm×1000mm)は、表面のアルマイトを剥がしても、今回はエッチングできませんでした。アルミは材質により耐薬品性が異なるようです。 面倒でも、普通のアルミ板を切り分けて使ったほうが良さそうです。 ※参考記事:アルミ板の切り方 腐食部以外のマスキング方法(トナー再転写) エッチングは金属を腐食させて溶かす工程です。 なので腐食させたくない部分は、事前にマスキングをしておきます。 プリント基板の場合、マスキング専用の転写シールやマジックペンなども使えますが「裏技」ではレーザープリンターやコピー機から印刷した紙から 「 トナーだけを再転写 」 して利用するのが一般(?)的です。 ▲トナー文字の再転写方法。 左:アセトン式/右:アイロン式 トナー再転写には何通りか方法が有って、ひとつがアセトン(薬品)でトナーを溶かして転写する方法。もう一つがアイロンの熱によるトナー転写です。 今回はアセトン式で何度も試行錯誤し、最終的にアイロンによる熱式の転写で成功しました。 2番めのアイロン式でも何度か失敗しましたが、ふと自宅のNECプリンターが低温トナーを使うタイプだった事に気づき、アイロンの温度を思い切って低めにしたら、転写トナーがアルミにバッチリ密着しました。 トナーは温度が高いとまったく転写できませんし、低い温度だと剥がれやすくなるようです。メーカーによってトナーの溶解温度も違うし、アイロンの温度もそれぞれなので、各自の環境でいろいろ実験してみる必要が有ります。 ▲お勧めの転写用紙、DAISOの「夕日の光沢紙」。 / 右:完全にトナーが転写できるとペラっと紙が剥がせます。 なお、印刷用の紙は何種類か試しましたが、(このワザでは)有名なDAISOの夕日パッケージのA4インクジェット用紙が、アセトン式/アイロン式のどちらでも使いやすかったです。 (アセトンが乾く時に収縮しすぎない/熱転写後トナーの剥がれが良い) うまくアイロンでトナー転写できると、水に濡らして紙を擦り取らなくても、ペリっとキレイに剥がれました ちなみにアセトン式はDAISOやセリア等100均のネイルリムーバーが利用できます。 (純アセトンだと薄めないと揮発が早過ぎてトナーを溶かせません。 ネイルリムーバーの濃度は丁度よい感じです。) 注:ネイルリムーバーはどのタイプも香料が強いので、匂いに弱い人は気分が悪くなるかも‥。 アセトン式は手軽で簡単ですが、そのぶん密着が弱く、今回のように深いエッチングには向かないようです。 なお、プリント基板だと銅箔が18um~程度と薄く、短時間でエッチングできるため、アセトン式でも成功率が高いでしょう。 ※um:マイクロメートル(ミクロン)。ミリメートルの1000分の18。 / 今回は約0.5mmをエッチング。ミリメートルの1000分の500。 エッチング さて今回のメイン、エッチングの話。 使うのはオキシドールとクエン酸、どちらもDAISOで買える100円商品です。 分量はプラスチック容器に ・小さじ4のクエン酸 ・普通の塩を小さじ1 ・それを溶かせる程度のオキシドール。 これだけです。 ▲左:エッチングの反応で熱がでて沸騰した状態。 / 右:時々、かたむけて素材の状態をチェック! エッチングの作業場所は、風呂場か洗面所が良いでしょう。 腐食の反応が始まると、熱が発生して沸き立つ場合が有ります。 場所によってはトレーやビニールで汚れ防止の養生をしたほうが良さそうです。 ステンレスのシンクだと、吹きこぼれがシミになる可能性が有るので注意。 後は時々様子を見ながら、しばらく放置しておきます。 最初はタイマーを使って10分~程度待って、後は数分毎にチェックした方が良いです。 ここで、僕は多くの失敗をしました。 アセトン式では、途中でトナーが剥がれて、全て失敗。 アイロン転写でも時間を置きすぎて文字の部分まで腐食してしまったり‥。 ★失敗例 ▲左:時間が経ちすぎによるトナー剥がれ。 / 中:エッチングのしすぎ。 / 右:失敗の数々w 最後は付きっきりで観察して、丁度よいタイミングで引き上げ、ブラシで徹底的に洗浄。 (洗いが不十分だと、後で粉を吹いて腐食して行きます) エッチング刻印の完成です! 加熱して刻印してみる 今回、刻印を作った目的は、自分の工具へのスタンプです。 工事現場ではいろんな人が同じような工具を持ち歩いているので、うっかり取り違えが起きる可能性が有ります。 悪気が無い場合、社名と電話番号シールでも貼っておけば、帰ってくる可能性が高くなります。 で、どうせなら刻印しようと思ったわけ。 さて、自作のエッチング刻印。 まずは火であぶってプラスチックに押し付けてみると‥。 良い感じにプラが溶けて押印できました。 ただ、火で毎回あぶって押すのは危ないし均一に熱が掛けられないので何か加熱の仕組みが必要です。 加熱方法 → PTCヒーター 加熱の方法として、このブログで何度もお世話になっているPTCヒーターを、今回も使うことにしました。 DAISOグルーガンに使われている「 PTCヒーター 」。 165℃の固定式で、温度が低い時は大電流が流れてスグに熱くなり、165℃になると節電になる賢いヒーター。 このブログで何度か工作に使用しています。 ⇒ 100円ヒーターで、足用アンカ(ホットボード)を作ってみた! ⇒ お仕事用、低温電気コテを作ってみた。  (2015年初工作) ⇒ 全長39mm! 「 世界最小のアイロン 」 の作り方!! PTCヒーターと厚紙をコの字断面のアルミ材や木片を組み合わせてハンコとして使える形状にします。 刻印部分は、電子工作用の固まる放熱シリコーンで接着。 ▲左:固まる放熱シリコーン、アルミ剤、プリント基板や厚紙などを組み合わせ。 / 右:DAISOのバッテリーへ、試しに刻印。 刻印の目的達成!! ▲左:工具に熱したエッチング刻印を押し付けて焼印! / 右:工具とバッテリーに焼いた刻印。 ▲仕事が職人なので、たくさんの工具を使います。 数年前から、持ち歩き用はMakitaの18Vバッテリー式に統一しました。 というわけで、思いつきから始まった工具への刻印計画は、無事に目的を達成できました! 自分の屋号の入った工具は、職人としてチョット誇らしいかもですw 今回の技は、例えば封筒に蝋をたらして封蝋(ふうろう)印するようなシチュエーションにも使えます。 自作の刻印や焼印、工作してみると、たのしーかもしれませんよ。 ※参考サイト トナー転写でプリント基板をつくる! トナー転写プリント基板の製作実例 アイロン転写基板,トナー転写基板の作り方 | AkiRacing.com コンビニと100均材料でプリント基板作成 アセトン転写 制作メモ:慣れれば30分。普段使いの基板づくり なお、今回の内容も事前にTwitterにて連載していました。 ブログよりリアルタイムに反応が分かるので面白いです。 試行錯誤していたトナー転写が成功。アイロンではなくアセトン式の変形? pic.twitter.com/jWnP1IZD3P— 作る人 (@IGU58) 2018年5月19日

ピコ レーザー プロジェクター 「HD301D1」を自宅で使ったレポート

2018-07-19 23:51:28
Twitterに流れてきた面白そうなガジェット。 HD ピコ レーザー プロジェクター 自作キット for Pi [HD301D1] 【新商品】HD ピコ レーザー プロジェクター 自作キット for Pi [HD301D1]☆税込¥15,120☆「持ち運べる大画面」として注目のピコプロジェクターをあなたのラズパイプロジェクトにも!レーザーだからフォーカスフリーで熱くない!MEMSスキャナーだから超小型で低消費電力! https://t.co/n6YSxevpWf pic.twitter.com/rPzx273gYj— KSY@Raspberry Pi (@KSY_RasPi_Shop) 2018年7月11日 Raspberry Pi (ラズベリーパイ) 用の自作キットですが、入力はHDMIなので普通のパソコンにも繋げられるはず。 速攻でポチってみました。(年間○円までは衝動買いの枠を作ってますw) 取り急ぎ組み立てて自宅で映して遊んでみたので、その使い勝手や明るさ等をレポートしてみますね。 ※お約束!(注意事項) ・以下の情報は自己責任で、著作権を理解の上で利用下さい。 ・レーザー光を直接見ると失明の危険が有ります。 ・本記事は僕が見て感じた内容のレポートで、性能を保証するものではありません。 ・内容に関するクレーム/質問等はいっさい受け付けません。(PC繋いだら壊れた/どうやるの?等) 組み立て 到着は、沖縄まで4日ほど。 早速、組み立て。 といっても、2つの基板をフラットケーブルで繋いで、ネジでケースに固定するだけの簡単な作業。使ったネジは18本です。 ▲左: 「HD301D1」キットの内容。 / 右:精密ドライバーで組み立て。 ※ネジが小さいので、細めの精密ドライバーを何種類か用意しておいた方が良いです。 ※ネオジウム磁石を使うと小さいネジを落とさないです(一部ステンレスネジ有り)。 設定 給電ポートはMicro−BのUSBメス。スマホやタブレットで使う一般的な物です。 ACアダプタとUSBケーブルを繋ぎ、本体横のダイアルを長押しすると設定画面。 ▲左:設定画面。 / 右:色ずれ調整(青色)の設定状況。 設定表示は、以下の項目。ダイヤルを押すと、それぞれ調整できます。 キーストーン調整 (台形補正) 映像反転 明るさ調整 精細度調整 色ずれ調整:緑色 色ずれ調整:青色 言語設定 リセット 明るさは最初から最大になっていました。 とりあえず言語設定を日本語にして、使用したい場所に置いて台形補正を調整。 精細度や色ずれは、後からでも良いかなと思います。 設定は初期状態でだいたい合ってるので、むしろ映す対象のスクリーンに気を使ったほうが良いです。壁紙などは凹凸が有るので文字はボヤけて見えにくく設定ができないかも。最低でもA3画用紙などが必要です。 僕は普段からプロジェクターを使っているので、専用のスクリーンで調整しました。(見え方/解像度が壁とは全然違います) 入出力 端子は後ろ側にまとまっています。 左から電源用のMicro−BのUSB、HDMIの入力、右に音声出力。 電流は実測300~400mA程度。スマホ用とかのACアダプター(5V)で十分。 HDMIは普通のパソコンの出力を繋いで映せました。 AmazonのFire TV stickでも行けました。 音声出力は、かなりレベルが低め。スマホのイヤホンなら聞こえますが、スピーカーやヘッドホンに繋ぐならアンプを用意する必要が有ります。 今回は昔作りかけたキットでスピーカーと繋ぎましたが、近くなら聞こえる程度の音量でした。 小型省電力の仕組み HD301D1はレーザープロジェクターなので、どの距離でもピントが合います。 これが普通のプロジェクターとの最大の違いで特徴みたい。 性能の違いを、まとめてみます。 普通のプロジェクターの仕組み → 画像を表示した液晶パネルに、後ろから強い光を当てて、透過させた光をレンズでスクリーンに照射。 青い部分は青の液晶を開放して赤と緑を塞いでるし、黒は赤緑青(RGB)の3色すべてカット。 つまり光を遮って、漏れた分だけを見せているわけ。 映す距離によって変わるピントを合わせるための大きなレンズや、強力な照明、照明の熱を放熱するためにファン等が必要で大きくうるさくなりがちです。 レーザープロジェクターの仕組み → 赤緑青(RGB)3色のレーザー光を上下左右に高速で走査させながら強弱させて映像を作ってます。青の部分は青レーザーだけが光ってるし、黒い部分は3色とも消えてる状態。 レーザーは直進するのでピントを合わせるレンズの必要が無く、光の走査はMEMSスキャナー(電磁石でミラーを駆動して反射させる方向をコントロール)で超小型化。 レーザーダイオードの熱はヒートシンクで放熱できる程度。 とても効率が良いので手のひらサイズでもプロジェクターとして成り立つという仕組み。 ▲普通のプロジェクターの内部構造。(分解の備忘録に撮った画像なので手が写ってます‥) ▲HD301D1の前に紙をかざすと、近距離でも映像が映ります。 紙をのけると、遠くのスクリーンに照射できます。 超強力な光をワザワザ遮って映すか、光の強弱のみで映像を作るかの違いは大きく、結果として超小型で省電力な製品になったというわけ。 買う前にざっくり上記のような事が分かったので、面白いなーと好奇心からポチってみた次第です。 性能(明るさ、照射範囲、距離、ちらつき) では、普通のプロジェクターと比べて、性能はどの程度なのでしょう? 買う前は、まあテレビくらいのサイズで映ればいいかなーと、思ってました。 ちなみに僕は4200ルーメン(広称w)のプロジェクターを自宅で使ってます。 安物なのでコントラストは良くないですが、100インチ程度までは特に違和感は有りません。 ▲左:4200ルーメンのプロジェクターと比較。天井側がHD301D1。/右上:50cmくらいの映像。/右下:4mくらいの先に投射(実際はもっと暗いです)。 今回のピコ レーザー プロジェクター 「HD301D1」。 結論からいうと、サイズ的には100インチにも伸ばせるけど、薄くおぼろげな映像になります。 真っ暗闇なら幅1m程度のサイズで、暗いなーくらいの感覚。 50cm幅で、まぁ見れるかなーと。 10インチとかだと、タブレットやパソコンの液晶と勝負できる明るさかな? だいたい、そんな感想です。 ただ、例えば上映中の映画館、入ってすぐは暗く感じるけど、見始めると映像に夢中になれるように、人間は暗反応ができます。 動画等なら幅1m以上でも集中できるかも、でも どうかなー‥、人によって微妙なところでしょうか。 ちなみに、AmazonのFire TV stickのアカウントを切り替える必要があって、リモコンで画面を操作してパスワード等を打ち込んでましたが、幅1mくらいの照射サイズで十分に操作可能な映像でした。 あと動画の質について。 自動車のLEDデイライトのようなチラツキやコマ落ちは、僕には確認できませんでした。 眼球をグリグリしながら横目で見ても、常に壁に張り付いた絵として認識されます。 動画の早い動きも(これはパソコン側の性能に依存しますが)十分に追従できていると思われます。かなり良い感じです。 色合いの設定は見つからなかったですが、違和感の無いバランスで、かなりキレイに発色します。  液晶より有機やプラズマの色に近いかも。 あと、黒は限りなく黒です(レーザーがOFF)。 騒音 これは書いておきたい! ほぼ無音です。 (ミラー駆動の高周波が出てそうだけど、オッサンの僕には聞こえないw) 今使っている自宅のプロジェクター、稼働中は60デシベルとうるさく、ホントに困っています。 プライム・ビデオとか、いつも「さぁ」と気合を入れて、おやつ飲み物を用意してヘッドホン付けて見始めてるので、かなりストレスを感じてます。 しかし、このピコ レーザー プロジェクター 「HD301D1」だと、起動させても無音。 寝る前とか、ベッド近くのスクリーンに、何か動画を流しておく。‥なんて使い方も有りかなと。 ちな、未確認ですが、HDMI信号が無いと、オフになっている事が何回か有りました。 確認できたら追記します。(PCスリープ設定で寝落ちできるかも) 昔のTweet。 自宅に導入した4200lmプロジェクター、あまりにうるさいのでアプリで計測してみたデータで見ると、扇風機の最強と同じ騒音レベルでもっと甲高い音が頭上で続く。これをどう静音化するか考えるの、たーのしー!騒音の参考サイト → https://t.co/J5UQ8mchKI pic.twitter.com/tcxgIg7sq6— 作る人 (@IGU58) 2017年8月26日 まとめ ピコ レーザー プロジェクター 「HD301D1」は、あくまでRaspberry Piの実験用ガジェットなので、普通の家庭用として常用するのは難しい性能かと思われます。 ただ、ほんとに超小型・省電力なので、例えばキャンピングカーの中とか、2段ベッドの天井とか、近くにスクリーンを置ける環境なら、威力を発揮できるかもしれません。 例えば気軽に持ち歩いて、スマホと繋いで営業のプレゼンに使えるかも! 写真:モバイルバッテリーで長時間駆動可能。 あと特筆なのは低発熱ということ。 普通のプロジェクターだと高温の排気で、部屋の温度が上がります。 僕の自宅クーラーの性能が低いので、夏場はプロジェクターを使うのは控えたいので、 今年の夏は「HD301D1」が活躍するかもです。 というわけで、こういったキットや製品は、今後も増えていくでしょう。 規制(レーザー出力)の問題が有るかもですが、大出力の製品が出てきたら、現在の大きくてうるさく暑い液晶プロジェクターは駆逐されていくと思われます。 そういう時が来たら「買い」ですよ! ※AmazonのfireTV stickを持っている人が自宅パソコンの動画を見たい場合、「firetv stick Kodi」で検索すると幸せになれるかも。 fireTV stickならBluetoothスピーカーも繋げられて便利。  

アルミ鋳造方法! 工具の部品の制作。 (鋳造で作ってみた)

2018-06-12 21:24:59
お仕事用の工具の部品を作るために、アルミを溶かして鋳造してみました。 作ったのは、仕事で使う工具の先端部分のパーツです。 参考になる人もいるかと思うので、まとめておきますね。 ※僕の仕事は補修屋という個人の職人です → 補修屋「なおす人日記」  作った部品は、樹脂を溶かすための小手先。 同業の補修職人の間では移動&携帯しやすいガス式のコテが人気みたいですが、僕はじっくり留まる作業も多いので電気式のコテを併用しています。 以前はDAISOグルーガンを改造して自作のコテを作ってました。 ※注:下の写真は今回の鋳造コテではなく、過去のロー付けで作ったコテです。 → お仕事用、低温電気コテを作ってみた。 今回、Amazonで温度調整式の半田コテが1,600円程度で買えることに気づいて、改造してみることにしました。 → Amazon KKmoon 電気はんだごて+ 5本交換こて先 110V 60W 温度調節可能 溶接 はんだ付け用 (201806現在1,299円)   市販品の半田ごては先が尖っているので、樹脂を溶かす用途で使うには、熱を伝える先端部分を自作する必要があります。 前に自作した工具は低温固定だったので、銅パイプと銅板をロー付けで加工していました。165℃固定のPTCヒーターという特殊な熱源を使用しています。 → PTCヒーターの工作例 でも今回は温度調整式の熱源を使うので高温にも耐える素材が必要です。 そこでアルミを鋳造して作ることにしました。 ※金属の融解温度:ハンダ180~216℃~ / アルミ600℃~ ※以下の内容は僕が気づいた複数のコツを意図的にボカしてあります。(砲金等、近い融解温度の別素材で素人が簡単に危険物を作成するのを防ぐため) 情報ではなく、単なる読み物として楽しんで下さいね。器用な人なら自分で作業すれば気がつけるレベルと思います。 (以前にこの「作る人日記」は危険な情報を公開するブログって事で、某ガス○イター関連の団体に閉鎖されそうになったんですよー 泣) 以下、写真にて。 鋳造部品の原型作り ▲左:発泡塩ビや銅パイプ等で形状を創作します。/右:シリコン型とレジンで複製。 今回は鋳造(金属の流し込み)で形状を作るので、最初に原型となる実物模型が必要です。 適当なパイプと発泡塩ビ板で形状を作ってみました。 オリジナルの「原型」ができたらレジンで複製して、以降の作業は複製を加工して進めていきます。 耐熱石膏で型取り ▲左:最初に作った石膏型。 / 右:石膏型にタルク(ベビーパウダー流用可)を散らして吹き飛ばすと良いと言われています。 これは普通の石膏の工作と同じ工程。 水に溶いた耐熱石膏を処理した型枠に流し込んで半面づつ型を取ります。 後から作業してて気がついたけど、写真の形状では失敗率が高いかも。もっともっと工夫が必要です! タルクを表面に撒くと鋳造の際の表面の荒れが抑えられるという噂が有りますが、どうなのでしょう? アルミ融解、鋳造! 流し込み ▲左:最初はDAISOのステン計量器を使ってます。/ 右:ルツボと専用ペンチの方が安心安全。 今回は普通のガス・カートリッジを使うバーナーを2組使いました。 坩堝(ルツボ)の上下から熱すると、数分でアルミが液状になります。 言うまでもなく、この工程は相当に危険です。消火器の準備は必須です。 ■Amazon ・サンダイヤ るつぼ挾み ステンレス製 210mm 419-50-11-02 ・るつぼ 2個 セット セラミック 溶解 皿 耐熱 2800度 ・鋳型用 耐熱石膏 ノリタケ G-2 1kg ▲左:アルミをこぼして焦がしてしまったキッチン。/右:重曹とスポンジで磨いて、なんとか‥。 ちょっとしたミスが大怪我や火事に繋がるので、最悪の自体を想定して下さいね。 (僕は流し台を焦がしました。磨いて目立たなくなったけど、大家に請求されたら対応予定‥。) 工作場所を焦がさない対策として、100均のステンのトレーを敷くと良さそうです。 ▲ステンのトレーを下に引くと、かなり養生できます。 溶けたアルミをいつ流し込むかは、ある程度の試行錯誤が必要でした。 このくらい波打って流動的なら大丈夫かな? 程度の判断しか素人にはできないので、ほとんど勘の世界です。 「溶けたアルミの表面をよーく見て」流し込むタイミングのコツを早く掴むべしです。 ところで、僕はガテン系の仕事のほとんどが独学ですが、塗装でも研磨でも、目を皿のようにして対象表面の情報を読み取るのが成功や上達の近道だと思っています。 型枠へのアルミ流し込みが終わったら、少し待ってから取り出して形状確認。失敗したら再び溶かして鋳造の繰り返しです。 ちな、アルミ板の重量 平板の20×2×1000で1cm約1g。 価格: カインズ248円/メイクマン348円 耐熱石膏は状況にもよりますが5~10回程度は耐えるみたい。 加工・完成! ▲左:温度調整式の半田ごてと組み合わせて様子をみます。/ 右:ステンパイプをフレア加工して形状をあわせます。 うまく行ったロットから削り出し等の加工をして、必要なステンパイプのフレア加工や特殊なナットを入手して組み立て、工具の出来上がり! ▲左:失敗を繰り返した型枠。何度も作り直しました。レジンで原型を複製しておいてよかった!/右:進化の歴史w 今回は鋳造の10個目ほどでコツが掴めたので、完成品が多めに作れました。 型枠は写真のものの他、もう2セット作っています。 実際の使用 めっちゃ使い勝手が良いです。さすが必要とするイメージから作り出したMy工具。 一分程度で温度が安定し、焦げることも温度が下がる事も無いようです。 一連の工程はツイッターで連載してたので、最後に欲しい人居る? って募集してみたけど、連絡は無かったです。同業の補修屋の職人はプライド高いのか、ゴミ認定されたのかw (現在は配布していません) → アルミ鋳造の一連のTweet おまけ 今回の電気式とは別に、ガス式のコテも便利なので、試しに今回のアルミ鋳造の部品を流用してオリジナル・コテを作ってみました。 上:電気式用に作った小手先を加工してガスごてに取り付けています。青く燃えています。/左:市販のガスごてとオリジナル鋳造コテ。 これも一分程度で使用温度に達して、すぐに使える! けど、熱容量が小さくてすぐに高温になってしまうようです。2分も経つと煙がもくもく! まぁ、すぐに火を落とせば予熱で使えるし、何分も待たないと使えないよりは便利なので活用してるけど、市販モデルの形状やサイズも先人の知恵なのだなぁという気付きも有りました。 というわけで、この記事では意図的にいくつかのコツを伏せていますが‥。 読み物としては楽しめたのではないでしょうか? 伏せた内容は、他にもいろいろ工作をしている人なら、簡単に判る内容だと思いますが、初めて工作する人だと検討も付かないと思います。 ほんとはこんな事したくないし、動画サイトみたいにコツをバラしてアクセスを稼ぐのもいいなと思いますが‥。 10年くらい続けている老舗ブログwでは厳しいかなーと。 (初めての読者にはぜんぜん関係無いので申し訳無いですが‥) ごめんなさいね!

「鶏胸の冷凍常備肉」が旨くて料理に便利という話!

2018-04-17 20:45:47
個人的に肉野菜炒めが好きなので、肉をたくさん常備しています。 で、ここ数ヶ月のルーチンが、鶏ムネ肉を片栗粉であえてから煮た冷凍常備肉。 鶏ムネ肉は、パサパサして美味しくないイメージだけど、今回の方法で調理すると「しっとり感」の有る美味しい肉になります。 国産でも鶏ムネは豚コマの1/3くらいの価格。 手軽にたくさん食べられて美味い、お勧めの調理方法を紹介します。 出来上がりは写真のように、細切りの麺状。 フライパンに入れておくと30分くらいで解凍できます。 あとは同じく冷凍ピーマンや人参、キクラゲとかも戻せば、すぐに肉野菜炒めが作れるという寸法。 冷凍ハンバーグのように、痛みやすい肉はいったん調理してから冷凍した方が長持ちするという理由も有ります。 ※今回のネタは、えみりお嬢(お嬢だよ)さんのツイートを参考にしてます。 トレーニーの皆さん朗報です。鶏ムネ肉を一口大に切って、塩と鶏がらスープの素を揉み込んで、片栗粉をまぶした後、熱湯で5分ほど煮るだけで、パサつかずプリプリ美味しいタンパク質の塊が出来上がります。ムネ肉なんて70/100gです。ねぎとポン酢でいいつまみにもなります。まだサラダチキン買いますか? pic.twitter.com/yJkrKlvNMa— えみりお嬢(お嬢だよ) (@emiritj) 2018年1月11日 ◆細切りにして片栗粉であえて煮る! 作り方は、上のTwitterの内容通り、鶏肉を切り分けて、片栗粉をまぶして煮るという流れ。 材料 鶏ムネ肉:1kg 鶏ガラスープの素:50g 片栗粉:100g 水:50cc 以下、写真で手順を紹介します。 1,鶏ムネ肉を5mm~程度にスライスして、重ねて繊維に平行に切って細切りにします。 事前に包丁を良く切れるように研いでおいた方がスムーズです。 2,ボールに細切り肉と鶏ガラスープの素を入れて混ぜ10分程おいて馴染ませます。 鶏ガラスープは溶けやすいよう、顆粒より粉末タイプがお勧め。 3,片栗粉と水を入れて満遍なく混ぜます。(混ざりにくい場合は水を増量) 4,たっぷりの沸騰させた湯に、菜箸で少しづつ分け入れながら、湯の中でしっかりほぐします。 箸は肉を入れる用と、混ぜる用の2組を準備。片栗粉の付いた箸を湯に入れると、プルプルの被膜が箸に付いて固まってしまいます。 5,5分ほど煮込んだらザルに開け、シャワーで水をかけて粗熱を取ります。 6,ザルのまま10分ほど置いて水気を切ったら、できるだけ大きめの袋に入れます。 短時間で冷凍できるよう、ダンボール等の上に薄ーく広ーく伸ばして冷凍庫へ。 7,1時間毎に取り出して、肉どうしがくっつかないよう袋ごと揉みほぐします。 × 5時間。 ここの部分に手間と時間が掛かるので、休みの日がお勧め。 以上で冷凍・鶏ムネ肉の完成です。 ▲今回の冷凍・鶏ムネ肉と、同じく冷凍の具材をフライパンに入れて解凍したら‥。 ▲キャベツやチンゲンサイなど、メインの野菜を入れて、普通に調理開始! ▲チンゲンサイと、出汁で戻した高野豆腐炒め。(ダイエット用w) ▲チキナー(からし菜)とキクラゲ炒め。 ▲味付けは中華ドレッシングや胡麻ドレッシングがお手軽です。 というわけで、仕込みに少し手間が掛かるけど、美味しくて安い鶏ムネ肉のレシピ。 ここ数ヶ月は飽きずに続けています。 (以前はただ鶏肉を細切り冷凍もしてましたが、ちょっと味気ないので‥) そうそう、今回の「片栗粉であえてから煮た鶏ムネ肉」、できたては凄く美味いので、つまみ食い推奨!! 大きめに切ったり、他の料理用にも仕込んで置くのもお勧めですよ。  

朝の光の中でシャワーしたい計画! (LED電球120W)

2018-01-27 18:45:09
僕の自宅アパートのバスルーム‥。  浴室内の電球が暗くて、60W電球 ⇒ 100Wタイプ蛍光灯に変えても、まだ、ぜんぜん暗い。 前に住んでいた部屋のように、朝の光の中でシャワーを浴びられたら、とーっても気持ち良いのに‥。 と、考えていたら、ふとLED電球の改造を思い付いちゃいました。 最近、DAISOで売ってる400円電球60Wタイプ、アレを2つ並列で点けたら、すっごく明るいんじゃ!? 上記のクルクル回せる画像アプリは、以下のページで紹介しています。 ⇒ 360度グリグリ回せる3D(スリーディー)。 iPhoneアプリ「Spin」! 加工方法の参考ページ ⇒ アルミ板の切り方 画像で分かる通り、1.5mm厚のアルミ板を切って貼って組み立てる、作業自体は簡単な工作です。 以下、Twitterから画像を転載していきます。 詳細はTwitterを参照。 完成した自作のLED電球(?)は、100Wタイプの蛍光灯と較べ、照度計で測って約2.5倍の明るさになりました。 昼光色と電球色を一個づつ使った、白っぽくて温かい光です。 ※今回は、カバーの中で指定外の電球を使うため、火災等の危険が有ります。刃物も使う工作なので、スキルの無い人はマネしないで下さいね。 ▲左:100Wタイプ蛍光灯と分解した60WタイプLED×2 / 中:部品を検討中 / 右:LED取付部分を面研 ▲左:固まる放熱シリコーンを塗布 / 中:取り付けた状態。下側にだけ光が届く仕様 / 右:照度計で明るさ確認 最初は、ツイッターのみで公開しようと思ったけど、せっかくなのでブログからリンク。 ▼電球シリーズのTwitter、最終回! 開くと一連のシリーズのツイートが見られます。 放熱板を追加して、バスルームの密閉シェード内で点灯。20分後で約70℃。やっと実用になった「朝のような光の中でシャワー浴びたい計画」。100Wタイプ蛍光灯の約2.5倍の明るさで省エネ。 pic.twitter.com/jw5Iqosccl— 作る人 (@IGU58) 2018年1月13日

LEDをじわっと点滅させる回路!

2018-01-25 18:58:35
◆以下の内容は、別の記事 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! の追加の記事です。  クリスマスリースに付けたLEDどんぐりを明滅させるために、簡単な電子工作をしてみました。 スタンダードなタイマーIC、LM555と、数個の部品で作れる回路。 備忘録がてらに、書き残しておきます。 どうせなら P I C にプログラムを書き込んで回路を作ったほうがブログとしては面白そうですが、今回は時間の都合で昔のICを使いました。 (今回のタイマーICの555シリーズが登場したのは1970年頃と言われています) 最初にブレッドボードで実験。 内容は、以下の実体配線図?の通り。昔から有る点滅回路で、LEDをジワッと点滅させる事ができます。 回路はユニバーサル基板にシンプルにまとめました。 ほんの数個の部品で組める、簡単な回路ですね。 使用したLEDは、それぞれ電圧が次のように違います。 赤(1.8V~)/黄(1.8V~)/緑(2.4V~)/青(3.6V~)/白(3.6V~)。 12Vへ直列に繋いだ際、電流が流れ過ぎないようR4の抵抗値を調整します。 ちなみに、白-青-緑-黄-赤の5つを繋ぐと、今回のセットで12V時に約10mA程度でした。 ※今回は短期の使用なので各部品の定格や保護は適当です。長期点灯の場合は要注意。 コンデンサと抵抗の数値を変えると、点滅のタイミングをコントロールできます。 上記の図の数値で、ジワッと明るくなって、4秒光って、ジワッと暗くなる感じです。 C1を47μFにすると、光る間隔が8秒くらいになるし、C2を増やすと光が増減する時間が長くなります。 以上、LEDをじわっと明滅させる回路の作り方でした。 ご参考まです。 ※各パーツの数値など、個別の質問は受け付けてません! というわけで作ったLEDのじわっと点滅回路。 完成したLEDどんぐりが、こちら。 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! 2017 ドングリが光るクリスマスリース完成!#LEDどんぐり pic.twitter.com/CB0BTT3Jcy— 作る人 (@IGU58) 2017年12月5日

UVレジンの型枠をシリコン・コーキング剤で自作する方法!(簡単・激安)

2017-12-23 21:38:19
◆以下の内容は、別の記事 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! を書いてて思い付いた小ネタです。 安いシリコンコーキング剤でUV樹脂の型枠を作っちゃいます。 最近はDAISOやセリアなどで「UV樹脂」という便利な素材が入手できます。 各色に着色された透明な液体状で、型枠などに入れて紫外線を照射すると「硬化」して、オリジナルのアクセサリーなどを作れます。 型枠も紫外線を通す半透明な物が売られています。 しかし、市販の型枠以外の形状を作ろうとすると、「オリジナルの型枠」を自分で用意する必要が有ります。 UV樹脂の場合は、紫外線を通す透明な型枠が必要で、自作は工夫が必要です。 前の記事のように、DAISOで入手可能な「おゆまる」の透明を使うと、いろいろな形の型枠が作れます。 ⇒ DAISOのグルーガンでおゆまるを使う方法! しかし「おゆまる」を使った型枠には、1つだけ問題が有りました。 というのも、UV樹脂は紫外線で硬化する際に熱を発します。手で触って熱いくらいで、「おゆまる」の型枠だと柔らかくなって形状が変化してしまうのです。 (数回なら使えるかな) ネットの専門店などで注型用の透明なシリコン樹脂も売ってますが、量が多くて高価だし、扱いも面倒。固まるまでも長時間かかります。 そこで、ホームセンターで簡単に入手できる「シリコンコーキング剤」のクリヤー(透明)で型枠を作ってみました。これ、300gほど入ってて、300円程度で買えます。 開けたら基本的に使い切りの製品ですが、以下の方法で残りを数ヶ月程度は保存可能です。 ⇒ シリコンコーキングの保存方法 そのⅢ 以下、コーキング剤を使ったUV樹脂の型枠の作り方です。 ※重要! 湿気を通す素材を使う! 一般に売られている市販のシリコンコーキング剤は、空気中の水分と反応して硬化します。 そのため、空気に触れていない箇所は硬化が遅くなります。 表面が固まるのに4時間程度。そこから、だんだんと内側へ硬化が進んでいきます。 なので、今回は型枠を作るための型枠に、紙の筒を使いました。 ▲左:紙の筒にシリコンを注入。 / 右:型枠を作るためのシリコンに原型を投入。 最初に紙の表面に離型剤(ワックスや撥水スプレーでも可)を塗って乾かし、丸めて紙テープで止めたら、コーキング材を内部に注入。 その後、離型処理したドングリの原型をゆっくりと回しながら沈めて行きます。 だいたい12時間程度でシリコンの大部分が硬化。 今回うっかり下側にプラ版を使ってしまったので底が固まらず、途中で剥がして別なボール紙の上で硬化させてます。 シリコン型枠による、樹脂の硬化不良の問題! 24時間後、シリコン型枠が固まったので、さっそくUV樹脂を流し込んで紫外線を照射。 が、内部は固まったものの、型枠と接するどんぐり表面がベタベタヌルヌルして硬化不良になってしまいました。 やっぱり‥。 実は僕が工作でよく使うFRP樹脂も、シリコン相手だと同じように硬化不良を起こしてたんです。 ⇒ 「レジン」の代用に! 不飽和ポリエステル樹脂の まとめ。 どうやらシリコン表面から揮発成分が出ている模様‥。 もしくは軟化剤のせいか、いくら紫外線を当てても、UV樹脂の表面が硬化しないのです。 樹脂をシンナーに浸けてヌルヌルを拭き取れば使えますが、これでは型枠の精密さを写し取る事はできません。 困った‥。 シリコンの揮発成分を焼いて飛ばす!? 悩みましたが、ふとオーブンで焼いてみることにしました。 もし揮発成分が硬化不良の原因なら、焼けば飛ばせるんじゃ?。 というのも、シリコンの耐熱性は200℃程度はあって、かなり熱に強い素材なんです。 (2stバイク・レーサーのエンジンや排気管の取り付け部分に液状シリコンのガスケットを使うことが有ります。) 今回はキッチンのオーブンレンジを使用。180℃で10分ほど焼いてみました。 ちな、よく焼けるように、回転部分を持ち上げて熱源に近づけています。 ⇒ 100円で、オーブンの火力を大幅アップ ↑ ※注! 室内で薬品を揮発させたりシンナーを使う場合、小鳥やペットは必ず避難させましょう! 焼いた後でシリコンの型枠は、すこし黄ばみましたが、柔らかさとかは特に問題ありません。 さっそく、UV樹脂を流し込んで、紫外線で硬化。 ちゃんと表面がカサカサのまま硬化できる事が判りました! ▲左:オリジナルのシリコン型枠と、UV樹脂。 / 右:焼いても柔らかさを保ったシリコン。ひねると簡単に離型可能。 ‥ちな、何個かまだ表面がベタつく物が有りました。 これは焼きが不十分なのか、寝かす時間が足りないのか肉厚の問題か、よく判りません。 どうもシリコンが固まって時間が経ってから焼いた方が成功しやすく感じられました。 ( どなたか追試をお願いします ) 結論! 数個のレベルで型枠を作るのでしたら「 おゆまる 」が簡単でベストです。 ⇒ DAISOのグルーガンでおゆまるを使う方法! しかし大量生産で時間が十分にある場合、安いシリコンコーキング剤を使うのも有りかも。 なんせシリコンコーキング剤は簡単に入手できて安いですからね。 もったいながらず大量に使えて、いろいろ実験できるって、工作向きの素材だと思います。 以上、ご参考まで。 というわけで成功したオリジナルのシリコン型枠作り。 完成したLEDどんぐりが、こちら。 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! 2017 ドングリが光るクリスマスリース完成!#LEDどんぐり pic.twitter.com/CB0BTT3Jcy— 作る人 (@IGU58) 2017年12月5日 本文にも書きましたが、初めて何かを作ると、いろいろ考えて悩んで思い付いて‥、オリジナルのノウハウが生まれていきます。 これって、すごく面白いし、工作をしていく上で大切な事だと思います。  

DAISOのグルーガンでおゆまるを使う方法!

2017-12-19 20:08:57
◆以下の内容は、別の記事 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! を書いてて思い付いた小ネタ、「 グルーガンでおゆまるを使う方法 」をまとめたものです。 お湯に入れると柔らかくなって好きな形を作れ、冷えると固まる便利な素材「おゆまる」。 100円ショップでも売っていて、型取りや工作に便利なアイテムです。 ただ、お湯で柔らかくして、タオルで水分を拭き取ってから使うと、タオルの毛くずや模様が表面に残って、しかも温度が下がってしまうので、精密な型取りに使うのにイマイチ。 グルーガンでおゆまるが使える!? そこで、ふと細長く丸めてDAISOのグルーガンに差し込んでみると、先端から熱いままの「おゆまる」が排出できる事がわかりました。 しかも水を介してないので、熱いまま対象にピタッと張り付き、型を取るのに良い感じです。もちろん、冷えたらスっと離型可能です。 ▼Twitterからの転載 「おゆまる」半分割して、ドライヤーで温めて伸ばして冷まして、グルーガンで塗り塗り。→ 型取り成功! pic.twitter.com/0hf6UGHzkH— 作る人 (@IGU58) 2017年11月5日 DAISOでは似たような2種類の素材が売られてます。 サイズは次の通り。 「おゆまる」 7×15×65mm×2本+ケースと型。 「イロプラ」 5×12×80mm×2本。 「おゆまる」の方が量が多いので、見つけたら買いです。 四角いままのおゆまるを使えるようグルーガンを改造 ちょっと試す分には、細長く伸ばした「おゆまる」でも良いのですが、きっかり同じ直径に伸ばすのも難しいし、手間が掛かります。 「おゆまる」を2分割すれば7ミリの角棒になるので、これを使えたらなー。 そこで、グルーガンを分解して改造してみました。 ※「イロプラ」なら、縦に2分割すれば、そのまま加工なしのグルーガンに入ります。 改造箇所は写真の2箇所。 ▲左:おゆまるが通るようにグルーガンを加工。 / 右:グルーガンにおゆまるを挿入 狭くて丸い穴を、7ミリの「おゆまる」が通り抜けられるように四角く広げるだけです。カッターやヤスリで適当に広げるだけでOK。 シリコンゴムの部分は、そのまま加工なしでも四角く広がって、7ミリの「おゆまる」が通ることが可能です。 ▼Twitterからの転載 グルーガンの内部を四角く加工すると、半分割の「おゆまる」が使用可能になる。排出する速度は、グルースティックの半分くらいと遅いのが難点。 pic.twitter.com/hajRg69H4m— 作る人 (@IGU58) 2017年11月9日 排出速度を上げる方法 上記の改造で、DAISOグルーガンで「おゆまる」が使えるようになりました。 しかし「おゆまる」が接着用のグルースティックより硬いみたいで、先端から出てくる速度がゆっくりです。 というか排出が遅すぎて実用には難しい速度でした。 調べてみたら「おゆまる」は温度を上げていっても、それほど粘度は変わらないようです。 そこで、ふと先端の穴を広げてみると、あっさり解決! ニョロニョロとたくさんの「おゆまる」が出てくるようになりました。 ▲グルーガン先端の穴をドリルで1.5~2mm程度に拡大。 もちろん、溶ける速度は一定なので、あまり早く排出すると溶けた分を使い切ってしまうので、自制心(?)を持ってゆっくり使うべしです。 あるいは2丁、3丁持ちでかわりばんこに使うのも方法ですね。(僕は仕事だと、一度に何丁もグルーガンを使います) というわけで完成したグルーガンinおゆまる。 さっそく工作に活用! 今回はLEDどんぐりを量産するための型枠を「おゆまる」で作っています。 ▲左:おゆまるで作った透明な型枠にUV樹脂を注入。 / 右:紫外線ランプでUV樹脂を硬化。 完成したLEDどんぐりが、こちら。 ⇒ 光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた! 2017 ドングリが光るクリスマスリース完成!#LEDどんぐり pic.twitter.com/CB0BTT3Jcy— 作る人 (@IGU58) 2017年12月5日 ちなみに、DAISOグルーガンに使われているのは「 PTCヒーター 」という種類。 165℃の固定式で、温度が低い時は大電流が流れてスグに熱くなり、165℃になると節電になる賢いヒーター。 このブログでも、何度か工作に使用しています。 ⇒ 100円ヒーターで、足用アンカ(ホットボード)を作ってみた! ⇒ お仕事用、低温電気コテを作ってみた。  (2015年初工作) ⇒ 全長39mm! 「 世界最小のアイロン 」 の作り方!!

光るLEDどんぐりで、クリスマスリースを作ってみた!(UVレジン)

2017-12-13 20:04:43
台風の季節に、道端でどんぐりを拾いました。 沖縄でも、どんぐりの木はアチコチあって、公園などで見つけることができます。 子供のころ、爪楊枝を挿してコマを作ったっけ。なんて考えながら、ふと工作してみたくなりました。 で、同じ時期に、ネットでガラスのどんぐりを作っている人を見かけたんです。 とってもかわいい作品!  これ、僕の得意な樹脂を使って、透明などんぐりを作ってLEDで光らせたら、楽しいかも!! 思い付いてしまったので、クリスマス用に工作を開始してみました。 11月のはじめ頃の話です 仕事の合間に作っていたので、一ヶ月ほどかかりましたが、12月に入って、やっと完成! 工作の過程をざっくり書き出してみますね。 どんぐりの原型を削り出し。 クリスマスのイルミネーション用だと、数十個のどんぐりが必要です。 しかし、大量のどんぐりを探すのは大変なので、樹脂で量産することにします。 ▼Twitterからの転載 秋なので、2。ドングリ量産開始! pic.twitter.com/NPrd51Zf52— 作る人 (@IGU58) 2017年11月6日 最初に原型作り。 「おゆまる」を溶かして筒を作り、その中に2液硬化型のレジンを流し込んで竹箸を差し込んで固定。 いくつか作ったら、ドリルの先端に付けて回しながら形状を削り出し。 サイズを変えて5種類ほどの原型を用意してみます。 完成品はLEDで光らすのが目的のため、量産するどんぐり本体は透明な材料で作る必要が有ります。 今回はUVレジンを使うことにしました。 すると型枠も、紫外線を通す透明な材料を使う必要が有ります‥。 どんぐりの型枠作り1(おゆまる) まずは透明な「おゆまる」を使ってみます。お湯に「おゆまる」を入れて、柔らかくなったら、どんぐりの原型に巻きつけて型枠作り。 ところが、水が付いているせいで型に密着せず、中に隙間が空いてうまく型が取れません。 ふと、グルーガンで「おゆまる」を使うことを思い付いて、いろいろ試してみました。 最初はグルースティックのように「おゆまる」を細長く伸ばして使ってましたが、ガン本体を改造すると四角いままの「おゆまる」を使えることが分かって、型枠をいくつか作ってみました。 ⇒ DAISOのグルーガンでおゆまるを使う方法! どんぐりの型枠作り2(シリコンコーキング剤) 「おゆまる」も手軽で良いのですが、UVレジンを固める時に発生する熱で溶けて変形するので、1つの型枠が数回しか使えません。 なので後半は、シリコンコーキング製の型枠を使用しました。 撥水剤を塗った紙筒にシリコンコーキング剤を入れて、硬化したら取り出し。(24時間後) ところが、シリコンコーキングで作った型枠だと、レジンが完全に固まらずに表面にベタベタが残ります。 ここでもふと思い付いて、オーブンで焼いてシリコン型枠の溶剤を飛ばしてから使うとベタつきが減ることが発見できました。 ⇒ UVレジンの型枠をシリコン・コーキング剤で自作する方法!(簡単・激安) それにしても『初めての物作り』では、分からない/うまく行かない事が多いですが‥、工夫すると自分なりのノウハウが生まれるのは面白いですね。 UVレジンを流し込み UVレジンは、DAISOやセリアの物を使いました。 手持ちのUVランプで簡単に固まります。 Amazon ⇒ Vansky 51LED 紫外線ブラックライト UVライト懐中電灯 レジン用硬化ライト ⇒ ジェルネイル用UVライト ペン型LEDライト ミニサイズ 携帯用ハンディライト 後半はネイル用の大出力のランプを使って、量産しました。 Amazon ⇒ Morovan 24W 型号9C/9S LED+UVネイル光線療法 UVライト レジンは気泡が入らないように固めるのにコツが要りますが、今回は気泡が有ったほうが光が乱反射して全体が光ると思ったので、気泡は無視しています。 色はLEDに合わせて、赤/黄/青/緑/透明。 (どんぐり感を出すために、色を混ぜてブラウンも作りましたが、光らせて面白くないのでボツです) どんぐりのヘタ作り どんぐりに合わせて、ヘタも量産します。 適当な画鋲とおゆまるで原型を作り、適当なグリッターを表面に散りばめて形状を出してます。 こちらもレジンで量産して、穴を空けて表面をブラウンに着色。 LEDの取り付け 最初にレジンを流し込む時にLEDを固定しておくのが効率的かと思ったのですが、位置的に安定しないので、後から穴を空けてLEDを差し込み、UVレジンで固めてあります。 LEDは100個の各色入り数百円の中国製。同じメーカーで揃えたほうが光のバラつきが少ないです。 今回のは高輝度タイプでないですが、十分に明るくて照度も揃ってました。 Amazon ⇒ Lovoski 赤、緑、黄、白、青LEDライト発光ダイオード 3mm&5mm 約300個 ⇒ SODIAL(R) LEDの発光ダイオードLED陣100 5色 形状は直径3ミリと5ミリのタイプが有ります。今回は3ミリがなかなか届かず5ミリを使いましたが、手間や光りかたを考えたら3ミリの方が良いでしょう。 点滅回路の作成 単に点滅させるだけでしたら、自己点滅タイプのLEDを一個入れれば直列に繋いだ全部のLEDが一緒に点滅します。(自己点滅/それ以外 が交互に光るタイプも有り) 僕はじわっと光ったり消えるようにしたかったので、555という有名なタイマーICを使った回路を使いました。 ⇒ LEDをじわっと点滅させる回路 というわけで、簡単に作れると思ったら、意外と手順が多くて大変だったLEDどんぐり作り! もう一週間ほど、自宅の室内ドアを飾っています。 クリスマスリースは目の高さに飾るので、目立つし、なかなかキレイです。 LEDどんぐり、来年あたり、商品化されないかなー?  

コンプレッサーの圧力スイッチの修理! (1,中国から部品を個人輸入 編)

2017-10-23 18:32:12
仕事で愛用しているエアブラシ用の小型静音コンプレッサー。 ここ最近調子が悪くなってきました。 電源を入れても、すぐに回らないし、回り始める時にガクガク揺れるし、時には起動しない時も‥。 作業中だと、かなりのストレスです。 もう寿命かな~。 このタイプのコンプレッサーは、だいたい1年くらいで調子悪くなるので、何度か買い替えています。 ただ最近は、通販でも入手が難しくなって来ました。モノ自体が出回ってないのです。 不調の原因はすぐに判りました。モーター起動/停止時の一瞬前、コンプレッサーのシリンダーヘッドに付いてるスイッチが「カチッ」と鳴るんです。そのタイミングがおかしいなと‥。 こういう時は、とりあえず分解して原因究明です。 スイッチをグラインダーで削って中を覗いてみました。 (別に数台の予備コンプレッサー有り) ▲左:圧力スイッチの部品。 / 右:グラインダーで削った状態。 この指先ほどのサイズのパーツは、「圧力スイッチ」と呼ばれる品です。 交換部品を探しましたが、日本の通販サイト、どこを探しても売ってません。 原産国の中国だったら10円程度のはずなのに、なんで日本では売ってないんだー! と、Twitterでグチったら、すぐにリプ(返信)が来ました。 「Aliexpressで買えますよ」 ブログと違って、近い趣味の人がリアルタイムで繋がっているSNS、Twitterの強みですね。(僕は何度も皆に助けられてます。ありがとー!) 中国から圧力スイッチを個人輸入 Twitterのリプを受けて「Aliexpress」を探してパーツ検索してみると、有るある! 日本では見つからなかった「圧力スイッチ」の単品パーツがゴロゴロしています。 しかも安価。国際郵便で日本にも発送してくれます。 知らなかった世界!! 単価は一個あたり送料込みで数百円程度。(さすがに10円ではなかった‥) さて通販では、個人情報が必要です。 メアド、クレカ、自宅住所、氏名、電話番号。 幸い僕はレンタルサーバーを借りているのでメアドは自由に発行できます。 Aliexpress受信専用のメールアカウントを作り、普段使っているメアドに転送設定。 もしスパムメールが多発するようならアカウントを消せばOK! (Gメールでもサブアカウントで同じような事ができるそうです) ・クレジットカードは、Vプリカというチャージ型を用意。 ・自宅住所は隠しようが無いので、そのまま。 ・氏名も、そのまま?。 (‥Vプリカの名前欄はニックネームが使えるので、自分の名に似たスペルのアルファベットを使うことは可能ですねー) ・電話番号は、キャリアメールの維持用に持っているガラケーの番号を記載。 (月額100円の留守番電話、LaLaコールに転送) ⇒ 格安SIMでキャリアメールを使う! 設定方法。 SH-06G/mineo編!!(2016) 念には念を入れ、最低限のリクスで個人輸入に挑みます。 ※注:Aliexpressに関しては、登録後5ヶ月経ってますが、他サイトからのスパムは一切来てません。 その後も5点ほど別な注文をしてますがトラブル無しです。 Aliexpressの操作感は、Amazonと大して変わりません。 買い物かごに商品を入れて、個人情報を入力して決済。すぐに確認メールが届き、発送の連絡が来ました。 商品が届いたのは、沖縄で7日後。‥いつの間にかポストに投函されてました。 一応、国際郵便の追跡サイトも見れましたが、発送翌日に中国内の通関に届いた後は、最後まで更新なしでした。 というわけで、届いた圧力スイッチがこちら。 4個ともチェックしましたが、全て問題なし。ダメになったコンプレッサーに取り付けると、新品の使用感が蘇りました。 もう寿命だ‥と思ってた、使い慣れた工具が復活したのは、かなり嬉しい事件です。 ▲圧力スイッチを交換して再生したコンプレッサー2機。 後から調子に乗って、小型コンプレッサーもAliexpressで探してみましたが、電源電圧が220Vの中国向け製品ばかりで、日本用の100Vタイプは見つけられなかったです。残念。(アメリカ用115Vは少数有り) (ちな、AmazonでDIY用コンプレッサーを検索・比較すると、同じような外観で半分くらいの出力の機種を見かけます。もしかすると、中国向け220Vのステッカー張替えかも知れません。怖い怖い!) というわけで、汎用パーツを探すのにAliexpressは使えるぞ! というお話。 (明らかなコピー商品はダメですよー) 次回は圧力スイッチよりも使いやすい制御方法を目指して、圧力弁を手作りしてみたお話です。  

水泳用の超小型、防水プレーヤーを作ってみた!(自作方法)

2017-07-16 19:26:36
僕は泳ぐのが好きで、よく1時間ほど流しています。 しかし、長時間、泳いでいると正直、ヒマです。 アスリートの方々が、泳いでる間に何を考えてるか解らないけど、僕は退屈なのでジョギングのように泳ぐ時も音楽が聴けたら良いなと‥。 去年まで使っていたのが市販の防水プレーヤー。 ⇒ Amazon:防水MP3プレイヤー (ブルー) FMも聞ける仕様だけど、水中では電波が入らず雑音だらけ(当り前ですが‥)。 でもMP3プレーヤーとしては便利なので活用してました。 気になったのが、プレーヤーの大きさ! 泳ぐ時の姿だと、とても大きく感じます。 でも、市販品では、なかなか小さいのは見つからないんですよ。 というわけで、器用な人なら作れるレベルで、超小型の防水プレーヤー作成の一例を書いておきます。 泳ぐときは耳栓を使う人が多いでしょうが、周りの音が聞こえるよう、安全には十分に留意して下さいね。 ▲左:Amazonで買った超小型MP3プレーヤー。 / 右:分解したところ。 ベースにしたのは、100円程度で購入できるMP3プレーヤーです。 安いので、失敗しても安心です。 (届くのは一週間~) ⇒ Amazon:【MA-8564】APOD MP3 / MP3プレイヤー 僕は3Dプリンターも持ってますが、卓上でPCを操作するよりは「手で考える」事の方が好きです。ミリ単位で寸法を出しながら虚像を作るより、手で弄ってる方がイメージが湧くタイプ。(量産や仕事だったら、PC使います) なので適当にレジン代わりのFRP樹脂を流し込みで、まずは形状を作ってみました。 ▲左:適当に型枠を作って、樹脂を流し込み。 / 右:小型化した2作目。 一作目は破棄。 レジンの代わりに安価なFRP樹脂を使う手法は、このブログで何度か書いてます。 (シリコン型枠はNGですが)安くて早い工作が可能です。 ⇒ 「レジン」の代用に! 不飽和ポリエステル樹脂の まとめ。 ※他にも、このブログを「レジン」で検索すると、いろいろ出てきます。 さて、僕は一品物を作る時でも、必ず複数個を同時に作ります。  同じ形状で作って一番良いやつを残したり、形状を変えて製作して気に入ったものを採用したり。 せっかくモノづくりをするなら、可能性を発展させたほうが楽しいですしね。 製作で悩んだのがスイッチ部分の防水方法。 どうしても可動部が必要で、水が侵入しない工夫が必要です。 磁石とリードスイッチが安全そうですが、イメージが湧かないし‥。 結局、1作目はシリコンを充填したトグルスイッチ ⇒ 大きいのでボツ。 2作目はアクリル棒を出し入れする方法にしました。 アクリル棒の直径が2mmだったので、VVCケーブル(2mm芯線)の被覆を数ミリカットして樹脂に封入。  樹脂は硬化時に数%縮むので、圧縮されて丁度よいパッキンになります。 もちろん、ここにもシリコングリスを充填。 ▲左:充電端子は瞬間接着剤で封止。 プラスは赤、マイナスは黒です。 / 右:USBケーブル+ICクリップで充電可能。 もう一つの開口部、充電端子はステンレス針金と銅線で作り、瞬間接着剤で封止しました。 後から判るようにプラスは赤、マイナスは黒のチューブを被せてます。 これにICクリップ(ミノムシクリップも可)でUSBから充電する仕様です。 ⇒ USB端子から5ボルトを取る方法 同じくイヤホン端子は、大きめの穴を空けて、弾性の有るシリコンコーキングで接着&封止。 こっちは瞬間接着剤だと折れ曲げによる劣化で千切れるので、その対策です。 ▲レーザープリンターと専用OHPシートで模様を印刷。 表面側は、ボタン操作が必要なので、OHPシート(※)にレーザープリンターで模様を印刷。 画像ソフトで適当に、近いデザインで作ってます。 シートは薄いので、MP3プレーヤーのボタンを操作可能です。 そして裏側は、ボタンを押す圧力に耐える頑丈なポリカーボネイトの1mm透明板を使いました(塩ビ板でもOK)。 貼り付けは表側は透明シリコンコーキング剤、裏側はDAISOの両面テープ+コーキング剤です。 コーキング剤は、とても柔らかい材質ですが防水性が強く、時間が経つにつれ弾力性を持ったまま固くなります。 ※OHPシート:昭和の小中学校で、スクリーンに映し出すグラフ等を印刷してた透明シート。 というわけで、構造をどうするかで何日か悩んだけど、結局は数時間で作れた超小型防水プレーヤー。 市販品の半分程度のサイズで制作できました。 すでに1か月ほど使ってますが特に問題無さそうです。 次の課題は音楽を録音したMicroSDを簡単に交換する方法だけど‥。 それより防水プレーヤーを音楽ごとに、複数個を量産したほうが早いかも(笑。 Amazon:3.5mm有線イヤホン ピストン カナル型 高音質 スポーツ仕様 生活防水 イヤホン (ブラック) 防水イヤホンは200円(送料込み)くらいで購入可能です。 無い場合はAliexpress.com あたりもチェック。  

ペンキや樹脂の注ぎ方! ガムテープが超便利な件!!

2017-07-09 11:28:12
僕は仕事がら、ペンキや樹脂をよく使います。 だいたい4キロで買ってきて、ペットボトルに小分けして使ってます。 (ペンキ屋さんで塗料を量り売りしてもらう際「四角い缶で」と頼むと、収納性の良い写真のような缶に入れてくれます) ペットボトルに小分けする際、画像のように ガムテープで注ぎ口を作ってあげる と、量の調整がしやすく、こぼす失敗も少ないのでお勧めです。 ↓ フォローしている荒木さんのtweetで思い出しました。撮りためた写真から紹介しておきますね。 【缶の正しい注ぎ方】意外と間違えが多い、オイルや塗装、キャスト缶からの正しい注ぎ方。つい、注ぎ口を下にしてしまいがちですが、上にしてそそぐと脈を打たずに綺麗に入れられます♬ pic.twitter.com/pwYqOEWhek— 情景師アラーキー/荒木さとし (@arakichi1969) 2017年7月7日 ちなみにガムテープを使う手法、丸いペンキ缶や一斗缶でも使えます。 コツは、注ぎ口の場所以外に、空気が通る隙間を作っておくこと。 これをしないとコポコポと脈打ちますので注意! 仕事でやってると誰かが教えてくれるけど、趣味の工作の場合、コツやワザって知れる機会は、なかなか少ないモノです。 今はSNSが有るので便利になりましたねー。  

エアコン室内機の水漏れ対策! (プラダンで水受け製作)

2017-06-28 19:18:55
古いエアコンの室内機から、ポタポタと水が滴るようになって来ました。 何度も市販の洗浄スプレーを使って掃除してみましたが、業者を呼ばないとダメなようです。 エアコンの下にはFAXやモデムなどの電子機器もあり、とりあえず対策をしてみました。 使用したのは 「 プラダン 」 (プラスチックダンボールの略称)という軽くて加工しやすい板です。 これで水を受けて、ホースでベランダに排水する作戦! 以下、写真にて。 ▲左:プラダン798円(910×1820×5mm) / 右:約400×900mmに切って、曲げる位置を決めます。 プラダンは、養生用の薄い3ミリくらいの安いのも有りますが、強度の有る5ミリ厚の方が良いです(後述)。 また、水が飛び散る事も考え、張り出しを大きく取ったほうが安心です。 今回は幅90センチ、奥行40センチで、材料を切り出しました。 ▲左:あまり尖ってない金属などで押して曲げる箇所のスジを付けます。 / 右:タコ糸の先を瞬間接着剤で固くします。 プラダンは厚くて曲げにくいので、事前にスジを入れておきます。 曲げる時に「谷」になる部分を押し下げる感じ。 今回は、プラダンを曲げた状態で維持するのに、タコ糸を使いました。 先にキリで穴を空けてから、タコ糸で縫うように形を決めていきます。 端のリブ(数センチ曲げている部分)は、強度を稼ぐためです。 手持ちの木材や金属棒で補強しても良いかも知れません。 (プラダンは弱いので、補強が無いと、やがて自重で垂れ下がってきます) 全体の位置が決まったら、ゼリー状の瞬間接着剤と、硬化促進スプレーで固定します。 ⇒ Amazon 【硬化促進スプレー】Ci クイックプライマースプレー 最初に作った水受けは針金で固定しましたが、タコ糸の方が微調整が簡単です。 ▲プラダン水受けの完成形。 写真のような形状に組み立て、中央に水が集まるようにしました。 端っこから排水しても良いのですが、自宅の窓との位置関係から、この形状にしています。 ▲左:DAISOで買ってきた漏斗(ろうと/じょうご)を針金で取り付け、シリコンコーキングで防水処理。 / 右:下から見上げた写真。張り出しを大きく取ってます。 漏斗との接着にはシリコンコーキングを使いました。これ、ほぼ何でも接着出来ますが、ポリプロピレンは苦手です。 対策として、事前に接着箇所を240番くらいの紙やすりで擦って置いたほうが良いです。(プラダンも漏斗もポリプロピレン製) あと、うちのエアコンは、水が漏れ出した去年は下に垂れるだけだったのですが、最近は上の方からも水が漏れ、ファンで広い範囲に飛び散るようになって来たので、2作目は張り出しを大きく取ってます。 なお、エアコンへの取り付けはDAISOのアルミの針金(2mm)を4箇所です。 ▲左:去年作った一作目のプラダン水受け。 / 右:ビニールパイプでベランダへ排水。 取り急ぎ作った一作目のプラダン水受けは、すぐに自重で垂れ下がって来てしまいました。 また、下に書いた故障対策をしたら風量が増して、水受けを飛び越えて広範囲に水が飛び散るようになったので、2作目を作った次第です。 というわけで、今回のネタは、あくまで応急処置ですが、僕のようにエアコンの下に電子機器を置いてる人など、今すぐ対策をしたい! そんな時に思い出したり、教えて上げて下さいね。 PS:このエアコン、2年くらい前から冷えなくなって、ついには最弱で風量固定(数ヶ月) ⇒ 停止してランプ点滅(緑とオレンジ2回、緑3回。富士通)と、完全に故障したと思ってましたが以下の手順で復活しました。 「電源を抜いて15分待ってから、最低温度に設定して再起動」 今は足元が寒いくらい、よく冷えてます。ご参考まで!! こちらも、ご参考に!  激安エアコンを自分で取り付けする方法!! (真空引き、DIY)  ※当ブログの人気記事です。741,246PV 2017年06月30日 現在  

ランダムサンダー集塵機の自作方法!

2017-06-18 20:29:41
前回に続いて、リョービのランダムサンダーRSE-1250のお話。 このサンダー、とにかく便利。 パワフルで平面が出しやすく静かで、お仕事の時間短縮にも貢献してくれてます。(僕は現在補修屋という仕事をしています) ただ、紙やすりで対象を削る工具なので、どうしても粉塵が舞います。 このRSE-1250は付属品に集塵袋が付いていて、かなり飛散は抑えられてたのですが、毎回の掃除が面倒だし、やがて袋に穴が空いてしまいました。 そこで考えたのが、市販の掃除機のダストパック。これなら使い捨てでOK、いつでも新品の性能が保持できます。 悩んだのが取り付け方法ですが、こういうのは頭で考えるより、手に考えさせた方が早いです。いくつか市販のパックを買ってきて、家の中のパイプ類と組み合わせて弄っていると、すぐにアイデアが浮かびました。 以下、写真にて。 ▲左:RSE-1250純正の集塵袋。使ってると破けてきます。 / 右:グレーの上水道用の塩ビ管の内径がフィット。 試してみたら、上水道用のグレーの管の内径が、RSE-1250の集塵用の取り付け口にピッタリ。1~2センチ差し込めてキッチリ嵌まります。 ▲左:東芝用の集塵パック「VFP-11」。 / 右:塩ビ管をテーパーに削ります。 掃除機用のパックは、なるべく開口部の小さなのを探していて、東芝の純正品に行き当たりました。 品番は「VFP-11」。 塩ビ管への固定方法は悩みましたが、管をテーパーに削って差し込む事にします。 水道管の先を、ホームセンターで切断機を借りて、サクッと削りだし。 ※切断砥石の側面部を使うのは推奨されません。作業服を着ていない一般の人だと、危険だと止められるかも。 ▲左:パイプカッターで切断。 / 右:30度のエルボーに接着。 テーパー加工したパイプを、位置関係を確認して適当なサイズにカット。エルボーに差し込んで接着します。 ▲実戦投入。 作ってすぐ、工事現場で実戦投入。  写真ではモルタルを削って平滑にしています。 この現場では設計が変わって水道管の位置を変更したので、その痕跡を消してほしいと依頼が有りました。 ▲左:作業後、集塵パックが膨れています。 / 右:集塵パックの内部。 実際に使ってみて、やはり掃除機用の集塵パックの威力はスゴイです。 サンダー純正の集塵袋は布製で、チャックの隙間から粉塵がモクモクと出てきますが、紙パックだとほぼ完全にシャットアウト。 それでも集塵できなかった粉塵が舞い散りますが、だいたい全体の7~8割は吸収できている感じです。 紙パックは使い捨てなので手も汚れないし、装着も簡単だし、ひさびさに良いアイデアだったかなと。 ▲左:作業前    /    右:作業後  ついでに今回の作業前と作業後の画像を貼っておきます。 建築関係の失敗やキズなどが有ったら、沖縄リペアまで問い合わせ下さいね。  

ランダムサンダーのマジックペーパー交換方法!(RSE-1250)

2017-03-16 21:11:41
今回はサンダーのパッドの、面ファスナー(マジックペーパー/ベルクロ)交換のお話し。 僕が愛用している、リョービのRSE-1250というランダムサンダー。 自動車板金などでも評判の高い、100V用の研磨ポリッシャーです。 ⇒ Amazon リョービ(RYOBI) サンダポリシャ RSE-1250 安いオービタルサンダー(普通の紙やすりが使えるやつ)に比べ、研摩が早くキレイで、対象に深いキズを付けにくく作業性も良いです。 欠点は、専用のマジックペーパーヤスリが高い点と、使い方によっては面ファスナーがすぐダメになること。 うっかりペーパーヤスリを付けずに回したら1発で使えなくなります。 ▲左がヘタってツルツルになった研摩パット。 右が交換用の新品。 いま使っている RSE-1250 は3回目のパッドを付けてますが、交換用パッドは一個2,500円程度と高価です。 ⇒ モノタロウ パット組立(マジック式) 今回、またヘタってきたので、面ファスナー部分のみ、自分で交換してみました。 用意したのはモノタロウで買った面ファスナー 999円。 このシート1枚で4回、ベルクロを交換可能です。 ⇒ モノタロウ マジクロスシート 以下、写真で。 ▲左:80番程度の空研ぎペーパーにサンダーを当て、研摩パッド側を削っていきます。 / 右:削れた状態。 まずは研摩パッドに張られている面ファスナーを除去します。 方法は、空研ぎペーパーヤスリに、ランダムサンダーのパッドを直接押し付けて回転させる、原始的な手法。 普段は削る側の機械が、逆に削られて行くわけです。 実際、そうとう頑丈に貼り付けられているので、剥がすには削り取るしか無いかと思います。 80番の空研ぎペーパー1枚で、なんとか面ファスナー部分を除去出来ました。 あまり力を加えると外周部の形状が歪むので、軽めに当てて高速回転させてます。 モノタロウのマジクロスシートは250×300mmサイズで、直径125mmのRSE-1250用のパッドなら4個分は取れます。 最初に切り分けておくと、無駄なく使えるでしょう。 接着には、瞬間接着剤を使いました。 ゴムのパッド側にたっぷり付けて、面ファスナー側には硬化促進スプレーを吹き付けておきます。(促進スプレーが有れば硬化は数秒後!) ▲左:パッドに瞬間接着剤をたっぷり。 / 中:硬化促進スプレー。  / 右:余った面ファスナーを切り取り。 瞬間接着剤は、今回はDAISOの4個100円のやつ。 全部使ったので、使用量は約4gです。 硬化促進スプレーは、有ると実に便利です。 僕は大容量の420ccの缶を使用しています。 ⇒ Amazon 【硬化促進スプレー】Ci クイックプライマースプレー 写真の接着剤の塗り方ではまだまだ少なく、後から外周部と穴の中にもたっぷり足しておきました。 瞬間接着剤が固まるのを待って、ハサミで余分な部分をカット。 ▲左:粉塵を吸引する部分の穴あけ。 / 右:本体に取付。 リョービのランダムサンダーRSE-1250は、けっこう粉塵を吸い取ってくれるので、パッドの吸気口はしっかりと再現しておきます。 木片などにパッドを置いて、裏側から適合する直径のドリルでサクッと穴あけ。 後からよく切れるカッター等で穴を広げておきます。 瞬間接着剤で布地が固まっているので、意外とキレイにカットできました。 同様に取り付けネジ用の穴も空けたら、元通りサンダー本体に取り付けて、完成! ▲パッドを交換して、新品同様になったRSE-1250。 というわけで、普通にパッドを交換すると2,500円のところ、1/10の約250円で面ファスナーが交換できちゃったというお話し。 工具箱に予備の面ファスナーを入れておけば、万が一の場合でも安心ですね。 作業も簡単で、時間も15分程度。 お勧めの技ですよー。 次回は、最後の写真に付いている謎の物体。 掃除機用・吸塵フィルターの取り付け方法です。 ⇒ ランダムサンダー集塵機の自作方法! (RSE-1250)  

iPhone6のバッテリーを交換してみた! ( battery life でチェック )

2017-02-11 13:38:52
昨年の11月、やっと2年縛りが終わったので、docomoから格安SIMのmineoにMNPしました。 ちゃんとキャリアメールも使えてるし、料金は安くなったのですが‥。 さすがに2年も同じ機種を使い続けると、バッテリーがヘタったようです。 僕のiPhone6は、バッテリーの残りが50%を切ると、突然シャットダウンすることが多くなってきました。 iPhone6Sだと、品番が該当すればバッテリー交換してくれるようですが、僕の6は当てはまらないようです。 そこで、自分でバッテリー交換してみる事にしました。 ▲左:壊れたiPhone4を自分で修理した話(ドックコネクタの交換) / 右:iPhone5の分解方法のコツと、ドックコネクタの交換! 作業自体は、iPhone4から6まで、手順も道具もほとんど同じです。 専用ネジを抜いたら、吸盤で表面のガラスを外し、あとはバッテリーを交換するだけ。 僕はiPhone4も5も分解したことが有ります。 iPhone6はサイズが大きくなっているので、バッテリーの外し方だけが違います。 伸びる両面テープでバッテリーが貼り付けてあるので、テープを左右に引っ張って伸ばしながら剥がす必要が有ります。 僕はマニュアルを見ない人なので、うっかりテープを両方とも切ってしまって、かなり苦労しました。 僅かな隙間からピンセットを差し込んでテープを掴んて‥。 先に方法を検索しておいた方が無難です。 なお、慣れれば、ディスプレィを取り外さずに上に90度跳ね上げたままでもバッテリー交換は可能です。 ※以上、全て自己責任にてお試し下さい。 ▲左から、交換で外したiPhone4~6のバッテリー。 交換方法と、もう一つ大事なのが、バッテリーの入手先。 かなりの確率で偽物も売られているようです。 僕はAmazonのデジフォースでiPhone5と6のバッテリーを購入しました。 ▲iPhone5用バッテリー。 ▲iPhone6用バッテリー 試しに5を交換して半年使って大丈夫そうなので、6用を注文しています。 それでも、レビューを見ると、偽物が混じっている印象を受けますが‥。 僕のは両方とも当たりのようです。 左のiPhone5が半年(毎日)使って2%減。 右のiPhone6も通常使用1か月で減少無しでした。 使用アプリ:battery life 注:人気のアプリですが、何度かApp storeから削除されてます。 見つけたらぜひ入手を! というわけで、(最終的には)容量が半分近くまで減ってしまったiPhone6のバッテリーを自分で交換して、新品同様になったというお話し。 これからまた数年、活躍してくれそうです!  

簡単! チップLEDの外し方/打ち替え方法(自作コテ先)

2017-02-01 13:43:18
チップLEDの打ち替えをしたくて、基盤に装着されたLEDランプの取り外しに挑戦してみました。 半田ゴテ2本使って、両方からハンダを溶かせば外せるそうですが、他の場所を溶かしてしまいそうで‥。 そこで、ホームセンターで入手できるパーツを使って自作のコテ先を作ってみました。 材料費は、ざっと1,000円以内。半田ゴテはDAISOの500円の30Wタイプを使っています。 用意したのは、外形4mmの銅パイプと、3mmの銅丸棒。そしてY字タイプの圧着端子です。 以下、写真で。 LEDチップ外し専用コテ先の作り方 DAISOの半田ゴテの先端部分の直径が4mmなので、自作コテ先も、それに合わせます。 しかしY字端子の内径が3.5mmと半端なサイズ。 (厚さが1mmくらいある頑丈なタイプ) 4mmの銅の棒を削って細くするのも、端子の内径を広げるのも、ちょっと加工が面倒。 そこで丸棒とパイプを組み合わせて帳尻を合わせる事にしました。 写真のように、4mm銅パイプに3mm銅棒を差し込んで、その先にY字端子を取り付ける簡単な方法です。 先に3mmの丸棒にY字端子をカシメます。  今回は圧着端子専用ツールを使いましたが、ニッパーなどで潰してカシメても良いでしょう。 そして、4mmのパイプを被せて、パイプカッターでカット。 これもニッパーで‥ry 1個作るのも、数個作るのも手間は一緒なので、サイズ違いやスペアをまとめて作っておくのがお勧め。 1,000円の材料で、自作コテ先10数個は作れると思います。 チップLEDの打ち替え YouTube リンク 動画を上げておきました。 まだ手慣れてないので、おっかなびっくりですが(笑 半田ゴテをしっかり温めておいて、LEDにそっと被せると、数秒でLEDが外れます。 専用のコテ先さえ有れば、ホントに簡単な作業です。 今回、LEDを打ち替えたのは、仕事で使っているペンライト。 単4電池3本タイプです。 回路は、2.2Ωの抵抗を介して、6つのチップLEDが並列に繋がれているだけでした。 このペンライト、とても便利に使っているのですが、光が青白すぎて、対象の色彩が良く判らない欠点が有りました。 そこで、高演色Ra94のチップLEDに打ち替えた次第です。 ⇒ 超高演色5050 3chip昼白色 LP-WD4TS4C1A-HCRI[1915] 新しいLEDの取り付けは、先に一箇所にハンダを盛っておいて、LEDを固定。 その後、全ての端子をハンダ付けすると簡単でした。 すこし手間取ったLEDは、光り方が悪い気がします。 できるだけ1発で決められるよう、基盤を固定したり手順をシュミレートしておいた方が良いでしょう。 というわけで完成した高演色Ra94のLEDペンライト。 これから、さらに便利に、補修屋のお仕事で活躍してくれそうです! 追記 LEDが放熱板に取り付けられている場合、半田ゴテの熱が逃げて、うまく取り外しができません。 左の画像のLEDは、まったく外せなかったです。 全体を温める等、さらに工夫が必要です。    

宜野湾にオープンした新しいBBQスペースと、パエリアの話!

2017-01-29 20:46:53
沖縄の宜野湾(ぎのわん)市に、今年から新たにバーベキューを楽しめる場所が誕生しました! 場所は「サンエー宜野湾コンベンションシティ」の向かいの「宜野湾マリーナ」内。 ヨットハーバーが見晴らせる広場で、10人ほどで使えるテーブル席が6個所です。 ⇒ Google Map このBBQスペース、去年までは会員向け施設でしたが、今年から一般開放されます。 県内のBBQ可能な各ビーチは、どこも大盛況で予約が大変ですが、まだ無名のココは、ちょっとした穴場となるかも!? 飲み物を持ち込み可の食材付きBBQセットのコースや、テーブルやコンロの貸出しなどもOK! 近くの駐車場は終日300円。 サンエーやユニオンへ、歩いて買い物に行ける距離です。 BBQの問い合わせ:宜野湾港マリーナ管理事務所 ▲BBQスペースから見えるパノラマ 今回ぼくは、てぃーだブロガー企画のパーティに呼ばれて行ってきました。  (注:てぃーだブログは会員数12万人。沖縄最大の無料ブログサービス。いろいろオリジナルのイベントも行っています) 今回の企画の内容は、沖縄県産食材でパエリアを作っちゃおう! & BBQパーティーしようぜ! というもの。 沖縄は小さな島ですが、様々な海の幸はもちろん、コメや野菜やキノコを作って下さる多くの農家さん達がいて、広く食材が県産品で揃います。 それらを活かす料理として、実はパエリアはピッタリではないのか!? せっかく遊びで料理を作るなら、とことん県産品にこだわって美味しい食事を楽しんじゃおう! ‥そんな趣旨のようです。 ▲左:沖縄県産の海の幸。クルマエビにタコにセーイカ、刺身。他にキノコや鶏肉も! / 右:あぐー豚のバラ肉と、貸し出し用のコンロ。 登場した海の幸は、クルマエビ、セーイカ、タコ、刺身、海ぶどう、他。 それらと米が浅い鍋に入れられ、グツグツと煮込まれます。 出来るまで待ってる間は、あぐー豚のBBQ。 豚トロやバラ肉など、脂身の美味い部分。 これ、塩コショウだけで食えます。 ビールはもちろん、オリオン。 県産品!! 車なので、ノンアルコールですが‥。 写真上:完成したパエリア。海ぶどうのトッピング。 写真左:煮込まれるアヒージョ。 セーイカは沖縄天ぷらのイメージが有りましたが、オリーブオイルとニンニクで煮込まれた身も、味が染みて美味しかったです。 やっぱり海岸で、しかもBBQで食べると何でもうまいや! というわけで、都心に近い宜野湾市に誕生したBBQスペース。 仕事終わりに皆でパーティとか楽しそうです。 夜10時まで営業しているし、意外と夜のヨットハーバーも雰囲気が良いそうで、管理事務所の人もお勧めしていました。 暖かい季節になったら、ぜひ問い合わせてみて下さい! ▲沖縄・宜野湾マリーナBBQスペース。 2017.01.28 午後の風景。 ◆食材提供 沖縄県車海老漁業協同組合/糸満 海ん道/高江洲鮮魚/ヘリオスファーム/我那覇畜産  

高演色LED作業灯を作ってみた! (Ra90)

2017-01-25 20:39:50
現在の僕の本業は補修屋という建築関係の職人で、キズ付いた家具や床、ドアやアルミサッシ等を修復するのがお仕事です。 ⇒ http://okrepair.ti-da.net/ その場で、オリジナルと同じ色/ツヤ/形状を復元して補修するのですが、一番大切なのが色の再現です。 人間の目は精密なので、少しでも色合いが違うと、ひと目で違和感を感じてしまいます。 そのため徹底的に塗料を調色して「同じ色」を作り出します。 慣れれば一色あたり数分の作業ですが、適性や感性も必要とします。 で、その作業に重要なのが、適切な照明。 光源の種類によって色の見え方はまるで違うので、僕は照明にこだわっています。 ⇒ 色の道(正しい光を求めて) (18) 今回、今まで使っていた高演色蛍光灯(Ra95)に代えて、高演色LED(Ra90)で作業灯を作ってみました。 演色性は落ちますが、手のひらサイズへと、かなりの小型軽量化に成功です! また蛍光灯と違って割れる心配も有りません。 ← 左:前回作った高演色作業灯と、普通の作業灯。左上がLED作業灯。 以下、画像で。 LED電球の分解 用意したLED電球。 入手できる範囲では Ra90タイプの(白色では)性能が良さそうです。 ⇒ 東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球 分解は乳白色のプラスチック部分をハサミで穴開けして、切り開くと簡単でした。 電極部分はガラスが使われているので、怪我をしないように袋を広げてペンチで少しづつ潰して砕いていきます。 アームの取り付け 作業灯にするにあたって、アームやクリップをどうするか考えてたら、作業灯用のアーム部分のみ売られているのを発見。700円ほどでした。 いろいろ部品を組み合わせながら、シンプルな構造を考えます。 大きなワッシャーと皿ネジでアルミパイプを挟んで、それをクリップで固定する形状にしてみました。 部品はエポキシパテを使い回転防止のビスを埋め込む形で後で動かないように固定しています。 電球カバーについて LED電球のカバーは取ってしまったので、何か保護するものが必要です。 今回はホームセンターで見つけたタッパーの蓋を使いました。 内径を少し広げると電球のサイズにピッタリ。 カバーと内部のLEDドライバ回路の固定には、透明なシリコンコーキングを使っています。 ちな、他にDAISOのプッシュオン式のLEDランプのプラスチックもサイズが合いました。 後は裏側の穴を塞いで電源コードを繋げば完成! さっそく、LED作業灯を現場に持ち込んでみました。 建設中のビルなどは、内部に照明が無いので、廊下の配電盤から100Vを引いてくる必要があります。 点灯してみると、普通の作業灯と違って正面だけに光が出るので眩しくない利点が有ります。 とにかくサイズが小さいので持ち歩きに便利。 僕は一つを道具箱に常備するようになりました。 というわけで、割と簡単に作れて色彩が見えやすく明るい小型作業灯。 こだわりの職人さんにお勧めです! 追記 このランプを作ったのは2016年9月でした。 その後、Ra94というチップLEDを見つけ、現在は作業灯の改良にあたっています。 完成したら報告しますね。