FutureGadget

URL:http://www.futuregadget.com/
RSS:http://www.futuregadget.com/?feed=rss2
leftside, rightside, uniside
[変更]
最終更新日2020/06/28 14:07:36

タグ

Blender 

記事

linux syscallのヘッダーファイル

2020-06-28 14:07:36
※Linux jetson 4.9.140-tegra #1 SMP PREEMPT Tue Nov 5 13:43:53 PST 2019 aarch64 aarch64 aarch64 GNU/Linux

PHP7とXdebugでエラーがでないときはExceptionエラーかもしれません。

2020-06-07 12:52:33
Xdebug Documentation – all settings のxdebug.show_exception_traceパラメータの説明 integer xdebug.show_exception_trace = 0 When this setting is set to 1, Xdebug will show a stack trace whenever an Exception or Error is raised – even if this Exception or Error is actually caught.Error ‘exceptions’ were introduced in PHP 7.

flashdevelopでメニューにアイテムをたす

2020-05-28 16:16:03
FlashDevelopのインストール先\Settings\MainMenu.xmlにタグを追記します。※C:\Program FilesやC:\Program Files (x86)はアクセス権限の影響で書き込めないことがあるので、エディタの保存に気を付けてください。 これはSample.csファイルを実行して、ツールバーにアイテムをたします。 参考 FlashDevelop Wiki Configuration FlashDevelop Wiki Scripting

sublime text3でメニューにコマンドをつくる

2020-05-27 20:47:17
Windows7以降の場合:%USERPROFILE%\AppData\Roaming\Sublime Text 3\Packages\UserにMain.sublime-menuを作成。 今回はBATファイルを実行してみます。 つくったメニューはこんなかんじになります。 プロジェクトの実行コマンドを登録しておくと簡単でラクです。 参考 Sublime Text Documentation Menus stackoverflow Adding Custom Menus in Sublime Text ちなみに実行するBATは最初に と書くと、ハマらなくてすみます。

vvvv + OBS + Windows10 (バージョン1903)でストリーミング配信

2020-05-11 17:57:27
サブディスプレイをつないでRenderer(EX9)のFullscreenを1にすれば、OBSのウィンドウキャプチャでストリーミング配信できる。

PHP7.4でGLUT(FFI extention)

2020-04-17 17:05:31
PHP 7.4からFFIが使えるようになったとのことでGLUTを試してみました。 ※php.iniで「extension=ffi」しておきます。 上のソースとライブラリをダウンロード マニュアルによるとFFIで呼ぶ関数に渡すコールバック関数は終了するまでメモリをつかんだままになったり、ロードしたFFIのオブジェクトが渡らない(※追記↓)みたいだったりでまだ気を付けてください。 参考:PHP マニュアル – Basic FFI usage コールバック関数の中でFFIした関数の呼び出しはFFI::cdefした変数を、コールバック関数の中でglobal 変数名とすることでFFIのオブジェクトを呼び出せることが分かりました。

dockerメモ(WSL2)

2020-04-07 17:56:19
Docker Desktopを起動してデーモンが動くときのログのパス


Space Party (そら うたげ)

2020-02-27 16:06:38

アプリケーションのウィンドウを半透明にするやり方(Windowsの場合)

2020-02-25 14:49:54
GUIPropViewアプリケーションをダウンロードして、アプリケーション名またはウィンドウクラス名を調べて、コマンドプロンプトからGUIPropViewのアクションオプションを実行。 参考→https://www.nirsoft.net/utils/gui_prop_view.html