おゆなむ…むしけらな日々

URL:http://blogs.yahoo.co.jp/oyunam
RSS:http://blogs.yahoo.co.jp/oyunam/rss.xml
アニメの演出などやってます…所詮むしけらですが
[変更]
最終更新日2017/12/30 16:16:45

タグ

記事

今週のお花

2018-01-15 11:09:17
今週のお花 このあとチューリップが ぱかっ と開く予定。 それを想定しての生けですが、 でかい花はやはり生けるのが難しいのです。 バランスとるのに苦労します。 なので、 なんかぶわっとなっちまいました。

美の巨人たち 熊谷守一

2018-01-12 00:01:24
http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/201712/14857_201712092200.html 私は、「陽の死んだ日」を描いた後の守一の中に ある種の悟りが生まれたのではないかと考えています。 ↓過去記事 https://blogs.yahoo.co.jp/oyunam/64336483.html それは大悟という禅的なものでもなく…いや… もしかすると禅で言われる本当の大悟かもしれない。 「分かったぞぉ」という喜びではなく、 喜びも悲しみも何もかもを包み込み、 あるいは放出した「俺は俺でしかない」 という思い。 何も感じない、のではなく全てを感じて、 感じた自分を見つめ、その果てにある自分。 だから仙人のような暮らしになったのだと思っています。 「陽の死んだ日」にはそれぐらいのものがあります。 そして 「宵月」 これ…すごく簡単に描いてあるように見えますが、 色もさることながら、レイアウトが凄いんですよね。 普通なら半月は中央に置かれるのに、 「宵月」では、 縦長の画面の中央よりやや左にずらしてある。 これで左下の木と右上の葉の立体感で、 空間感が出ているんですよ。 だから右下が、ただのベタではなく、 空間を感じる構成になっているんです。 下手じゃ描けねぇ…

あけましておめでとうございます

2018-01-04 11:42:18
あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願い致します。 つーことで熱田神宮に初詣してきました。 人、人、人 これも風物詩ということで。

メッセージ

2017-12-30 16:16:45
http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/arrival/ メッセージ 題名のわりには、 「メッセージ」が分かりにくいというか、 あまり考えたくないテーマでした。 なので評価は分かれるだろうなぁ… 「コンタクト」の亜流かと思ったら 「インターステラー」で終わりを迎える内容でした。 なので雰囲気は「インターステラー」っぽい。 にしてもこの手のストーリーで鍵を握るのが 感受性の強い少女というのも鉄板ですなあ。 なんで少年じゃないのかしらんと思います。 まあ感受性の強い少年だと、 泣き虫のガキか、 悪ガキにしかならんので、 「絵」にはしにくいと思われますが。 その点で「薄幸の美少女へのあこがれ」 というのは世界共通言語かもしれません。 作品中の意味不明の宇宙人言語もそう書いてあったりして… てことは宇宙共通?

コウノドリ 11話

2017-12-27 12:55:05
http://www.tbs.co.jp/kounodori/ もうね…最初から滂沱の涙でありまして… 他の方々の感想のとおりの感想しか書けないので、 そういうのはサイトに書かれていることにお任せします。 で… ダウン症児について、自分のブログだからこそ書けることを書きます。 ダウン症の発生は、21トリソミーという染色体異常によって起きることが 分かっているそうです。 この他にも18トリソミー、13トリソミー 要するに、染色体が1本余分に合成された結果で起きる。 最近はこの余分なものを発動させないようにする、 という形での治療が模索されているそうです。 でね…進化ということを考えると、 要するに「人間の染色体は多い」のでありますよ。 どうやって多くなったの? ということを考えると、 そもそも染色体がそういう性質を持っているから、 としか言いようがないのでは。 つまりダウン症を始めとした染色体増殖異常は、 短期(数世代)で見れば異常なのかもしれませんが、 長期(万世代)で見れば進化の過程の一つではないかと 思われるんですよね。 つまり…余分の染色体の発動を抑える のではなく 余分の染色体の対を作る という形での治療も考えられるのではないか。 そして… 人類補完計画発動 なんてね。

動きなど

2017-12-25 20:17:46
ありゃ これでいいのかな

メリークリスマス

2017-12-25 10:54:25
メリークリスマス! 今週のお花 なんだな…前日が「天皇誕生日」で翌々日が「キリスト誕生日」てのも、 日本人の宗教観が出ていて微笑ましいと思ふ。 行き過ぎると、グダグダになってしまうのですが、 いい塩梅に調整するのが民族的な知恵であり文化であり。

今週のお花

2017-12-18 11:02:22
今週のお花 クリスマスということで 花屋さんのまとめを購入しました 赤と杉は外せないすよねぇ

今週のお花

2017-12-11 11:02:14
今週のお花 すっかり冬めきまして 眼下の並木の葉はなくなり、 枝になってしまいました。

ローガン

2017-12-08 11:11:02
遅まきながら 観ました。 ローガン 最後のXmenです。 今回はこれまでの目をみはる超能力合戦ではなく、 おちぶれたローガンから未来へ、という流れでありました。 随所にSFXは登場するのですが、 むしろロードムービーが主体となったストーリーです。 なので、ある種の自分探し的要素が加わり、 それが元で全体的に暗い感じになってしまいました。 「なんで今更これを作ろうと思った?」 というのが一見した後の感想です。 ひとまず次の世代につなげるストーリーを作ることで、 次回作につなげていく、という思惑なのかなぁ… なんて思いました。 そう考えると、劇中に登場する原作否定のエピソードがさもありなん、 と思わせるんですよね。 次回作作りに満々の意欲、というよりは、 マーベル社そのものが 「そろそろ卒業せんといけねんじゃね?」 という意思を表明するために作ったので、 受けは二の次というところなのかなぁと深読み。 いいつつレビューを見ると、ヒットしてる、のか? とにかく、 ローラ(ダフネ・キーン)が… かわいい… どことなくヒュー・ジャックマンに似ているというのも、 よく探してきたなあ感です。 サイト見たら本当に「よく探してきた」そうで。