おゆなむ…むしけらな日々

URL:http://blogs.yahoo.co.jp/oyunam
RSS:http://blogs.yahoo.co.jp/oyunam/rss.xml
アニメの演出などやってます…所詮むしけらですが
[変更]
最終更新日2018/05/10 10:12:22

タグ

記事

遅くて重い

2018-05-10 10:12:22
ポケットwifi を使用しているのですが、 従量規制にひっかかって とにくかく重い。 遅い。 うーん…こういうのって…事前情報としては みなさん既に常識なんですかね… 腹がたちます。

今週のお花

2018-04-30 11:38:44
今週のお花 淡い色でまとめてみました。 山口達也さん テレビの情報を見る限り 「アルコール依存症」ですなぁ… 「毎日かあさん」 https://blogs.yahoo.co.jp/oyunam/62800108.html の中でも触れらていました。 主人公が 「アルコール依存症というのは、 本人だけで治すのはとても大変な病気で、 彼は、そんな闘いをたった一人で続けていたのだ」 と語るくだりがあります。 本編を見るとわかりますが、 初期段階ではまだ笑って済ませることができる状態ですが 進行すると、もう手におえない。 本人にも周りにも自覚がないので喧嘩にしかならなくなる。 病気だと認識していればそれなりの対処ができたかもしれませんが、 「そういう性質の人格だ」という固定した目で見てしまうと 関係を断ち切るしか解決手段がなくなります。 彼には 依存症の自覚を持ち、治療にあたるのと 世間に対してこの病気の認知と理解、 治療の普及に努めていく活動を進めたいですね。

今週のお花

2018-04-24 10:57:42
今週のお花 今週はささやかに でも金額的にはお高い なんだかんだいって バラはやっぱり高いのかな。 ここまでの形に育てるのに けっこうな手間暇かかってるはず。 それを1週間かそこらで廃棄するのだから 贅沢ではある。 とはいえ花の命も短いのですが。

今週のお花

2018-04-16 13:34:53
今週のお花 百合の花って 開くとき「ぱかっ」 って小さな音するんですよね。 別のつぼみが開くとき 聞けるかなぁ… で、雄しべ、の花粉が手や衣服につくと 取れないんですよね。 花粉なのでくっつきやすい構造になってる。 なので完全に開いたら摘み取ることにしています。

今週のお花

2018-04-09 10:43:49
今週のお花 大輪のガーベラ タンポポじゃないです 向日葵 でもないです ガーベラ 眼下のケヤキの葉っぱが次第に 賑やかになってまいました。 こちらの方が春を感じますかねぇ

今週のお花

2018-04-02 11:20:45
今週のお花 昨日、実家に行き、 老いた母のために ネットワークカメラを設定しようとしたら、 どうしてもできなくて撤退してしまいました。 スマホを持っていないので 姉のスマホを借りての作業だったのですが これが使いづらい使いづらい。 たかがメアドを入力するだけで 30分近くかかり、 その次の工程に行く前にあきらめました。 しかし みなさん、よくこんな使いづらいものを 腹もたてずに使っていると感心しました。 アプリはただ入れて言われるがまま「だけ」の 操作であれば問題ないようですが、 ちょっとでもカスタマイズしようとすると たちまちハードルが高くなる。 「知らねえやつは触るんじゃねぇ」 ということらしい。 そしてそういことには一切答えることがない 糞やくたたずの 「尻」じゃない「SIRI」 てめえのケツの穴でもなめてろ!! 「なんでてめえのことを唯だくだくと聞かないといかんのだ」 と考える自分には、 やはり スマホはいらない ぶち壊す!! ことを痛感した時間でした。

IT

2018-03-30 20:58:11
IT http://eiga.com/movie/86213/ スティーブンキング原作の ホラー小説の映画化。 あらすじは… あちこちに出ているので割愛 ホラーの体はしているが 児童小説であり、 弱さを持った子供たちの 成長物語でした。 子供には見えるが大人には見えない 「恐怖」 この恐怖は、 梅津かずおのホラー漫画にもよく登場します。 その意味では西洋問わず、 恐怖というものの本質なのかもしれません。 その恐怖に立ち向かい、 克服しないと子供は大人になれない。 とはいえこの物語に登場する大人は その恐怖を克服して成長した大人ではなく むしろ克服できていなかったとしか 思えない、成長していない大人だったりする。 てか…大人なんて、 結局そういうものなんじゃないのかと 考えてしまいました。

今週のお花

2018-03-26 11:38:20
今週のお花 春らしくまとめてみました。 どこがだ? てんで昨日は名古屋城に花見がてら がわっつらだけで 中は鉄筋コンクリート造りの 博物館であります。 でもやはりでかい、圧倒される 男の子的にはかっこいい 当時の人から見れば もう圧倒的だっただろうなぁ

今週のお花

2018-03-12 11:00:18
今週のお花 花屋さんがピンクでまとめてくれました。 できあいです。 カスミソウはこちらで足しました。 花がこの状態になるまで 育てる人は日々世話をしていて それを流通さんがまとめて 店舗さんが売って 購入されるのであります。 これで対価が500円ぐらいというのは 丁度よいのか安いのか。 需要が多ければ大量生産できるので単価は安くできる。 その上での金額です。 現在というのは少なくとも100年前よりは、 凄い社会だなぁと思う。

外は雨、春雨にはまだ早いか

2018-03-05 11:15:57
今週のお花 うーん、 カスミソウがとっちらかってしまいました。 ちょいお高めなのでつい 「使わねば」 で散らすと まとまりがかける。 思いきってカット!! とは、なかなか決断できないものです。 作品に限らずですな。